トップ ITインフラ OSとミドルウェア Redis インストール CentOS 6.5(64bit)、gcc 4.4.7の環境にredis-3.0.5をインストールする例

Redisのインストール―CentOS 6.5(64bit)、gcc 4.4.7の環境にredis-3.0.5をインストールする例

このページでは、CentOS 6.5(64bit)、gcc 4.4.7の環境にredis-3.0.5をインストールする例を掲載しています。

環境

古いRedisのアンインストール方法は?別のバージョンは?

以下のページに別の環境、バージョンの例、アンインストールの例を記載していますので、参考にしてください。

媒体をダウンロードして解凍

Redisのインストール媒体をダウンロードして、アーカイブを解凍します。

$ wget http://download.redis.io/releases/redis-3.0.5.tar.gz
$ tar xzf redis-3.0.5.tar.gz

なお、Redisの最新版は「http://redis.io/download」で確認できます。

makeを実行

本環境の場合は、そのままmakeを実行すればOKです!Makefileの修正は不要です。

$ cd redis-3.0.5
$ make

プレ実行

redis-serverを&を付けて、バックグラウンドで起動します。

$ src/redis-server &

redis-cliでコマンドを実行します。

$ src/redis-cli
redis 127.0.0.1:6379> set foo bar
OK
redis 127.0.0.1:6379> get foo
"bar"
redis 127.0.0.1:6379> exit
$

環境構築

インストール

Redisの実行ファイルを配置します。

$ sudo make install

起動スクリプトを配置

/etc/init.d/redisを作成します。

$ sudo vi /etc/init.d/redis

#!/bin/sh
. /etc/rc.d/init.d/functions

name="redis-server"
exec="/usr/local/bin/$name"
pidfile="/var/run/redis/redis.pid"
REDIS_CONFIG="/etc/redis/6379.conf"

[ -e /etc/sysconfig/redis ] && . /etc/sysconfig/redis

lockfile=/var/lock/subsys/redis

start() {
    [ -f $REDIS_CONFIG ] || exit 6
    [ -x $exec ] || exit 5
    echo -n $"Starting $name: "
    daemon --user root "$exec $REDIS_CONFIG"
    retval=$?
    echo
    [ $retval -eq 0 ] && touch $lockfile
    return $retval
}

stop() {
    echo -n $"Stopping $name: "
    killproc -p $pidfile $name
    retval=$?
    echo
    [ $retval -eq 0 ] && rm -f $lockfile
    return $retval
}

restart() {
    stop
    start
}

reload() {
    false
}

rh_status() {
    status -p $pidfile $name
}

rh_status_q() {
    rh_status >/dev/null 2>&1
}

case "$1" in
    start)
        rh_status_q && exit 0
        $1
        ;;
    stop)
        rh_status_q || exit 0
        $1
        ;;
    restart)
        $1
        ;;
    reload)
        rh_status_q || exit 7
        $1
        ;;
    force-reload)
        force_reload
        ;;
    status)
        rh_status
        ;;
    condrestart|try-restart)
        rh_status_q || exit 0
        restart
        ;;
    *)
        echo $"Usage: $0 {start|stop|status|resvi tart|condrestart|try-restart}"
        exit 2
esac
exit $?

アクセス権を設定します。

$ sudo chmod 700 /etc/init.d/redis

Redisの設定ファイルを作成

redis-3.0.5ディレクトリにあるredis.confをコピーして、/etc/redis/6379.confにRedisの設定ファイルを作成します。

$ sudo cp redis.conf /etc/redis/6379.conf
$ sudo vi /etc/redis/6379.conf

daemonize noのところをdaemonize yesに変更します。

サービスの自動起動設定

マシン再起動時に自動起動するようにサービスの自動起動設定を行います。

$ sudo chkconfig redis on

Redisを起動

Redisを起動します。

sudo /etc/init.d/redis start

redis-cliでコマンドを実行します。

$ src/redis-cli
redis 127.0.0.1:6379> set foo bar
OK
redis 127.0.0.1:6379> get foo
"bar"
redis 127.0.0.1:6379> exit
$

戻る

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /bootstrap /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

3.80.223.123

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク