トップ その他 ITスキル体系 標準化

標準化―データの標準化など

データの標準化など。標準化についてまとめています。

データ

バーコードの検査数字

バーコードには、検査数字(チェックディジット)を付加するのが一般的です。 チェックディジットは、あらかじめ決まった計算ルールで計算された数字を付加し、 バーコードを入力した側での誤入力などの人為的な誤りをチェックするための検査ビットです。

JANコード(標準タイプ、13けた)では、12けたの数の検査数字を次の方式で算出しています。 この方式の算出ルールとバーコード(123456789012)の検査数字の算出の例を示すと以下のようになります。

バーコードの検査数字

[JANコードにおける検査数字の算出および付加方式]
(1)検査数字を付加する前の右端の数字の位置を奇数けたとし、左に向かって交互に奇数けたと偶数けたとする。
1:偶、2:奇、3:偶、4:奇、5:偶、6:奇、7:偶、8:奇、9:偶、0:奇、1:偶、2:奇
(2)偶数けたの数字の合計を求める。
1+3+5+7+9+1=26
(3)奇数けたの数字の合計を求め、その値を3倍する。
(2+4+6+8+0+2)×3=66
(4)(2)と(3)の合計を求める。
26+66=92
(5)(4)の値の1の位の数字を10から引く。ただし、1の位が0のときは0とする。たとえば、(4)の値が123のときは10-3=7、120のときは0とする。
10-2=8
(6)(5)で求めた数字を検査数字とし、右端けたの右に付加する。
チェックディジットは、8

知識の幅を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴 /翻訳英語の学習 /RSEUserGuide翻訳

スポンサーリンク