トップ 言語 HTML HTML基礎編 HTMLとは

HTMLとは―用語説明&サンプルソースを表示するところまで

HTMLとは何かから簡単なサンプルソースを表示するところまでをまとめています。

HTMLとは

HTMLとはは、本ページのようなWebページの文書を記述できるマークアップ式の言語です。

HTMLは、HyperText Markup Languageの略で、文章の中に記述することで画像、リスト、表、リンクなどさまざまな機能を記述して設定出来ます。

HTMLのサンプル

HTMLのサンプル―Helloと表示するソース

メモ帳などのテキストエディタでhello.htmlという名前で以下のコードを記述したファイルを作成します。

<!-- hello.html -->
<HTML>
  <HEAD>
    <TITLE>Hello</TITLE>
  </HEAD>
  <BODY>
    Hello
  </BODY>
</HTML>

HTMLを表示

作成したhello.htmlをダブルクリックします。以下のように表示されたらOKです。

hello.htmlの実行結果(ブラウザ表示)

HTML文書作成

HTMLタグ

HTMLコード自体は開始タグと終了タグで囲んで記述するだけでとても簡単ですが、他のプログラム言語と連携して、より高度なWebページを作ることができます。

タグは、「<」と「>」で囲まれた要素の記述で、開始タグは「<要素>」、終了タグは「</要素>」のように記述します。

また、HTML内にCSSやJavaScriptを組み込むことにより、レイアウトや動的な描画が行えます。

CSS

CSSは、スタイルシートと呼びますが、CSSでHTMLタグの要素のレイアウトを設定できます。

JavaScript

JavaScriptを組み込んで、レイアウトの設定を行ったり、ユーザの操作に伴って動的に変更したりすることができます。

HTMLの公開とバックエンド、フロントエンド

Webページをインターネットで公開する場合は、HTMLファイルをWebサーバプログラムが動作するサーバーに配置します。 そうするとWebサーバプログラムが、ブラウザからの要求に応じてそのファイルのHTMLコードを読み込んで送信してくれるようになり、クライアント側でWebページが見れるようになります。

WebサーバプログラムとPHP、Ruby、Java言語のプログラムと連携すれば、HTMLファイルを配置しなくてもこれらの言語で記述したプログラムがHTMLコードを作成することができます。

このようにサーバサイドで動くプログラムのことをサーバーサイドプログラムとかバックエンドと言ったりします。 それと対比して、ブラウザ側にコードが渡ってから動くHTMLやCSS、JavaScriptはフロントエンドといいます。

HTMLのバージョン

もっと知識を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴 /翻訳英語の学習 /RSEUserGuide翻訳

スポンサーリンク