トップ 言語 JavaScript 基礎編 文法 オブジェクト指向プログラミング やり方 オブジェクトとプロパティ

JavaScriptのオブジェクトとプロパティ―説明とプロパティの各種操作(定義・代入・参照・削除)

JavaScriptのオブジェクト指向プログラミングにおけるJavaScriptのオブジェクトとプロパティの説明とプロパティの各種操作(定義・代入・参照・削除)についてまとめています。

JavaScriptのオブジェクトとプロパティ

JavaScriptのオブジェクトは、名前と値で構成されるプロパティを格納した順序のないリストです。

プロパティの値が関数の場合は、そのプロパティはメソッドと呼ばれます。 JavaScriptでは、関数もオブジェクトになります。 関数は呼び出して実行できるだけで、プロパティの値が配列でも関数でも実質的に違いがほとんどないことになります。

JavaScriptのプロパティの定義・代入・参照・削除操作

JavaScriptのプロパティは、オブジェクトに値を代入するだけで定義ができ、他のオブジェクト指向言語に比べると扱いが単純です。

定義と値の代入

JavaScriptのプロパティは宣言不要です。値を代入すると自動的に定義されます。

JavaScriptでは、事前にプロパティを宣言する必要はありません。 定義されていないプロパティでも値を代入すると、自動的にプロパティが定義されて値も代入されます。

<オブジェクト名>.<プロパティ名> = <値>

参照

オブジェクトが保持しているプロパティは、オブジェクト名に「.」をつけて参照します。

<オブジェクト名>.<プロパティ名>

削除

プロパティを削除するには、delete文を使用します。 delete文を使用すると、指定したプロパティがオブジェクトから削除されます。

delete <オブジェクト名>.<プロパティ名>

JavaScriptのプロパティの定義・代入・参照・削除操作の例

以下は、JavaScriptのプロパティの定義・代入・参照・削除操作の例です。

サンプルソース

まずはじめに定義していないプロパティを参照し、その後にプロパティを定義して参照し、最後にプロパティを削除して参照するサンプルです。 プロパティが存在しないときは「undefined」となり、存在するときは「1」が表示されるコードとなります。

<html>
<body>
<script type="text/javascript">
  // 何もないオブジェクト
  var obj = {};
  document.write('obj.propの値を参照:' + obj.prop + '<br />');

  // 代入と定義
  obj.prop = 1;
  document.write('obj.propの値を参照:' + obj.prop + '<br />');

  // 削除
  delete obj.prop;
  document.write('obj.propの値を参照:' + obj.prop + '<br />');
</script>
</body>
</html>

表示方法と表示結果

htmlファイルに保存して、ChromeやFirefoxなど、ブラウザで開けば表示できます。 表示した結果は次のようになります。

JavaScriptのプロパティの定義・代入・参照・削除操作の例

もっと知識を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク