トップ ライブラリ/Framework/CMS RESTEasy

RESTEasy(RESTfulなJavaアプリケーション構築用のフレームワーク)

このページでは、RESTEasy(RESTfulなJavaアプリケーション構築用のフレームワーク)に関連した技術情報を掲載しています。

RESTEasyとは

RESTEasy(れすといーじー)は、 JAX-RSを実装したオープンソースのJavaのフレームワークです。 RESTfulなWebサービス、RESTfulなJavaアプリケーション構築用のフレームワークです。

RESTfulについて(RESTfulの意味は?RESTfulとは?)

RESTfulは、RESTっぽいという意味です。つまりRESTという設計様式に近いor思想を継承した設計様式のことを言います。

RESTは、2000年にRoy Fielding氏が提唱した複数のシステムを連携させる分散アーキテクチャの一つのことですが、 RESTははかなり広い意味で定義されているので、ステートレスやリソース、URI、ハイパーメディアの使用など、 いくつかのRESTの原則を取り入れたものをRESTfulと言います。

RESTEasyの使い方

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴 /翻訳英語の学習 /RSEUserGuide翻訳

スポンサーリンク