トップ ITインフラ OSとミドルウェア apache/tomcat Tomcatの設定 Contextタグの属性

Contextタグの属性-Tomcatの設定

このページでは、Contextタグの属性-Tomcatの設定について記述しています。

Contextタグについて

<Context path="/<コンテキスト名>"
            docBase="<Webアプリケーションの置き場所>"
            reloadable="<Tomcat起動時のファイル更新反映有無(true or false)>"
            crossContext="他のコンテキストへのアクセス有無(true or false)"
            xmlValidation="web.xmlパース時の検証有無(true or false)" />

path属性

path属性は、コンテキストパスの指定に当たります。コンテキスト名を設定します。

docBase属性

docBase属性は、appBaseに指定したパス(※下記参照)の下に、 Webアプリケーションを配置している場合は記述する必要はありません。 指定する場合はappBase属性の指定パスを基準にした参照方法でパスを記述します。

※appBaseは、server.xmlに指定するHostタグのappBase属性の指定のことを言っています。 デフォルトでは、<Tomcat配置場所のパス>/webappsとなります。

reloadable属性

reloadable属性は、Webアプリケーション更新時にTomcatを再起動せずにサーブレットのクラスファイルを更新して反映するかを設定します。 trueはファイルを更新した場合にTomcat起動時に更新されます。

crossContext属性

crossContext属性は、ServletContext.getContext() メソッドを使って他のコンテキストにアクセスできるかを指定します。 trueにすると許しない設定となります。

xmlValidation属性

xmlValidation属性は、 web.xmlとweb-fragment.xmlをパース時にXMLの検証を行うかどうかの設定です。falseに設定すると検証が行われません。

戻る

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

34.204.52.4

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク