トップ 開発環境 Bcc イントロダクション Borland C++ Compilerインストール

Borland C++ Compilerインストール

このページでは、Borland C++ Compiler インストール方法について紹介しています。

Bccのインストール

Borland Japan の ダウンロードページ から手続き(個人情報の登録、パスワード入手)を踏んで、ダウンロードしてインストールします。

さて、ダウンロードしたものを実行すると、解凍先フォルダを指定する画面がでて、インストールされます。

デフォルトでは、C:\borland\bcc55に展開されると思いますが、問題がなければそのままで良いでしょう。

BCCでは、ここまでの作業のあとに、絶対にやっておかなければならないことがあります。

bcc32.cfgとlink32.cfgの作成

それは、bcc32.cfgとlink32.cfgというファイルの作成です。 テキストエディタで中身を以下のように記述し、正しく名前をつけて保存しておきます。 Cドライブ以外にインストールした場合は、適宜書き換えてください。

C:\borland\bcc55\bin\bcc32.cfg
-I"C:\BORLAND\BCC55\include"
-L"C:\BORLAND\BCC55\lib;C:\BORLAND\BCC55\lib\PSDK"

C:\borland\bcc55\bin\link32.cfg
-L"C:\BORLAND\BCC55\lib;C\BORLAND\BCC55\lib\PSDK"

この2つのファイルをbinフォルダ(bcc32.exeと同じ場所)に置いておかないと正常に機能しません。

※bcc32 sorcefilenameでコンパイルできる。
※pathを通すと、どの位置にいてもこのコマンドが利用できるようになる。
※Cソースは、拡張子を.cとし、C++ソースは、拡張子を.cppとする。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク