トップ ITインフラ OSとミドルウェア apache/tomcat Tomcatの設定 コンテキストパスの設定

コンテキストパスの設定-Tomcatの設定

このページでは、コンテキストパスの設定-Tomcatの設定について記述しています。

概要

Tomcatでは複数の方法でコンテキストパスを指定できますが、ここでは以下を解説します。

  1. Tomcatの設定ファイル(server.xml)で指定する方法
  2. コンテキスト記述子(<コンテキスト名>.xml)で指定する方法

補足

なお、基礎知識や関連情報として以下のような内容がありますので、はじめに紹介しておきます。

コンテキストパスの設定方法1>Tomcatの設定ファイル(server.xml)で指定する方法

では、本題のコンテキストパスの設定について解説していきます。

まずは、server.xmlにContextタグを追加することでコンテキストパスを指定することができます。 server.xmlへ設定する場合は、Tomcatの再起動が必要です。

server.xmlでコンテキストパスを指定する例を以下に示します。

配置場所

<Tomcatホームディレクトリ>/conf/server.xml

設定ファイルの例

<?xml version='1.0' encoding='utf-8'?>
 <Server …>
   <Service …>
     <Engine …>
       <Host …>

         <Context path="/<コンテキスト名>※"
                  docBase="<Webアプリケーションの置き場所>" />

       </Host>
     </Engine>
   </Service>
 </Server>

※「/<コンテキスト名>」の部分をコンテキストパスと言っています。

コンテキストパスの設定方法2>コンテキスト記述子(<コンテキスト名>.xml)で指定する方法

<コンテキスト名>.xmlにContextタグを追加することでコンテキストパスを指定することができます。

<コンテキスト名>.xmlでコンテキストパスを指定する例を以下に示します。

配置場所

<Tomcatホームディレクトリ>/conf/Catalina/<ホスト名>/<コンテキスト名>.xml

設定ファイルの例

<Context path="/<コンテキスト名>"
            docBase="<Webアプリケーションの置き場所>" />

もっと深く知るための参考

コンテキストパスの設定の仕方に関しての専用サイトを作成しました。 もっと詳しく知りたい場合は参考にしてください。

戻る

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /bootstrap /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

35.171.146.16

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク