トップ 技術・仕様 Spring

Spring Framwork(Javaのフレームワーク)―入門知識、サンプルコード

Spring Framwork(Javaのフレームワーク)の入門知識とサンプルコードをまとめています。

目次

この記事の目次です。

1. Spring Frameworkとは―Javaのフレームワーク

2. Spring Framework入門―入門知識とサンプルコード

更新履歴

1. Spring Frameworkとは―Javaのフレームワーク

Spring Framework(スプリング:Spring:Springフレームワーク)は、 DIコンテナを内包しているオープンソースのJavaプラットフォーム向けのフレームワークのことを言います。

昔ながらのプレーンなJava(POJO)のようにデータベースやリモートAPIなどを 使用したエンタープライズサービスが規約などに縛られることなく実装できるようにするという思想で作られています。

2. Spring Framework入門―入門知識とサンプルコード

簡単なサンプルコードを見ながらSpring Frameworkの入門知識を補っていきます。

Hello World(一番簡単なアプリケーションのサンプル)-Springフレームワーク

SpringフレームワークのHello World(一番簡単なアプリケーションのサンプル)を見ていきます。

動作環境

以下の環境で動作確認をおこないました。

アプリの構成

以下の構成を作成します。

□任意のフォルダ/
├─bin
│      SampleSpring.class
│      SampleBean.class
│      applicationContext.xml
└─lib
        spring-expression-3.2.2.RELEASE.jar
        spring-beans-3.2.2.RELEASE.jar
        spring-core-3.2.2.RELEASE.jar
        spring-context-3.2.2.RELEASE.jar
        commons-logging-1.1.1.jar

www.springsource.orgより、 spring-framework-3.2.2.RELEASE-dist.zipをダウンロード・解凍し、上記のパスのjarファイルを配置します。

※commons-logging-1.1.1.jarは別途以下から入手します。 commons logging

ソースコード

サンプル実行クラス(SampleSpring.java)
import org.springframework.context.ApplicationContext;
import org.springframework.context.support.ClassPathXmlApplicationContext;
public class SampleSpring  {
  public static void main(String args[]){
    ApplicationContext contxt =
      new ClassPathXmlApplicationContext("applicationContext.xml");
    SampleBean bean = (SampleBean)contxt.getBean("bean");
    System.out.println( bean.getMessage());
  }
}
DI対象クラス(SampleBean.java)
public class SampleBean {
  private String message;
  public String getMessage() {
    return message;
  }
  public void setMessage(String message) {
    this.message = message;
  }
}

Springの設定ファイル(applicationContext.xml)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE beans PUBLIC "-//SPRING//DTD BEAN//EN"
	"http://www.springframework.org/dtd/spring-beans.dtd">
<beans>
   <bean id="bean" class="SampleBean" >
      <property name="message" >
         <value>Hello World!!</value>
      </property>
   </bean>
</beans>

動作確認

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行すると「Hello World!!」と表示されます。

CLASS_PATH=<lib\spring-expression-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\spring-beans-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\spring-core-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\spring-context-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\commons-logging-1.1.1.jarのパス>
cd <binフォルダ>
java -classpath %CLASS_PATH% SampleSpring

Hello World(プロパティファイルの値を表示するサンプル)-Springフレームワーク

Springフレームワークを使用してHello World(プロパティファイルの値を表示するサンプル)を見ていきます。

動作環境

以下の環境で動作確認をおこないました。

アプリの構成

下に以下の構成を作成します。

□任意のフォルダ/
├─bin
│      SampleSpring.class
│      SampleBean.class
│      applicationContext.xml
│      sample.properties
└─lib
        spring-expression-3.2.2.RELEASE.jar
        spring-beans-3.2.2.RELEASE.jar
        spring-core-3.2.2.RELEASE.jar
        spring-context-3.2.2.RELEASE.jar
        commons-logging-1.1.1.jar

www.springsource.orgより、 spring-framework-3.2.2.RELEASE-dist.zipをダウンロード・解凍し、上記のパスのjarファイルを配置します。

※commons-logging-1.1.1.jarは別途以下から入手します。 commons logging

ソースコード

サンプル実行クラス(SampleSpring.java)
import org.springframework.context.ApplicationContext;
import org.springframework.context.support.ClassPathXmlApplicationContext;
public class SampleSpring  {
  public static void main(String args[]){
    ApplicationContext contxt =
      new ClassPathXmlApplicationContext("applicationContext.xml");
    SampleBean bean = (SampleBean)contxt.getBean("bean");
    System.out.println( bean.getMessage());
  }
}
DI対象クラス(SampleBean.java)
public class SampleBean {
  private String message;
  public String getMessage() {
    return message;
  }
  public void setMessage(String message) {
    this.message = message;
  }
}

Springの設定ファイル(applicationContext.xml)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE beans PUBLIC "-//SPRING//DTD BEAN//EN"
  "http://www.springframework.org/dtd/spring-beans.dtd">

<beans>
  <bean
    class="org.springframework.beans.factory.config.PropertyPlaceholderConfigurer">
    <property name="location" value="classpath:sample.properties"/>
  </bean>

  <bean id="bean" class="SampleBean">
    <property name="message" value="${helloStr}" />
  </bean>
</beans>

プロパティファイル(sample.properties)

helloStr=Hello World!!

動作確認

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行すると「Hello World!!」と表示されます。

CLASS_PATH=<lib\spring-expression-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\spring-beans-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\spring-core-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\spring-context-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\commons-logging-1.1.1.jarのパス>
cd <binフォルダ>
java -classpath %CLASS_PATH% SampleSpring

pネームスペースの定義追加方法-Springフレームワーク

Springフレームワークのpネームスペースの定義追加方法について見ていきます。

動作環境

以下の環境で動作確認をおこないました。

アプリの構成

以下の構成を作成します。

□任意のフォルダ/
├─bin
│      Sample.class
│      SampleBean.class
│      applicationContext.xml
└─lib
        spring-expression-3.2.2.RELEASE.jar
        spring-beans-3.2.2.RELEASE.jar
        spring-core-3.2.2.RELEASE.jar
        spring-context-3.2.2.RELEASE.jar
        commons-logging-1.1.1.jar

www.springsource.orgより、 spring-framework-3.2.2.RELEASE-dist.zipをダウンロード・解凍し、上記のパスのjarファイルを配置します。

※commons-logging-1.1.1.jarは別途以下から入手します。 commons logging

ソースコード

サンプル実行クラス(Sample.java)
import org.springframework.context.ApplicationContext;
import org.springframework.context.support.ClassPathXmlApplicationContext;
public class Sample  {
  public static void main(String args[]){
    ApplicationContext contxt =
      new ClassPathXmlApplicationContext("applicationContext.xml");
    SampleBean bean = contxt.getBean(SampleBean.class);
    System.out.println( bean.getMessage());
  }
}
DI対象クラス(SampleBean.java)
public class SampleBean {
  private String message;
  public String getMessage() {
    return message;
  }
  public void setMessage(String message) {
    this.message = message;
  }
}

Springの設定ファイル(applicationContext.xml)

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
     xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
     xmlns:p="http://www.springframework.org/schema/p"
     xsi:schemaLocation="http://www.springframework.org/schema/beans
      http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans-3.2.xsd">
   <bean class="SampleBean" p:message="Hello World!!" />
</beans>

動作確認

コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行すると「Hello World!!」と表示されます。

CLASS_PATH=<lib\spring-expression-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\spring-beans-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\spring-core-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\spring-context-3.2.2.RELEASE.jarのパス>
CLASS_PATH=%CLASS_PATH%;<lib\commons-logging-1.1.1.jarのパス>
cd <binフォルダ>
java -classpath %CLASS_PATH% Sample

更新履歴

この記事の更新履歴です。

戻る

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

54.162.118.107

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク