トップ 開発環境 Teraterm

Teratermの使い方―sshの接続方法

ssh接続は、リモートでサーバのコマンド操作を行うために、sshという接続方法でサーバに接続することをいいます。ssh接続の方法が分からない方を想定して、代表的なssh接続ツールであるTeratermの使い方をまとめています。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. ssh接続とは
2. 前提条件の確認
3. Teraterm(SSH接続ツール)のインストール
4. ユーザ名・パスワードだけで接続する環境のssh接続方法
5. ユーザ名と公開鍵認証の秘密鍵を使用してssh接続(パスフレーズあり、ポート番号10022)
6. ユーザ名と公開鍵認証の秘密鍵を使用してssh接続(パスフレーズなし、sudoでroot操作、AWSの例)

更新履歴

1. ssh接続とは

ssh接続とは、暗号化され安全なsshプロトコルを使用して、外部にあるコンピュータへリモート接続して、OS上のコマンド(シェル)操作を行うことをいいます。

ssh接続には、クライアント側でsshクライアントをインストールし、リモート接続するサーバ側でsshdサーバを構築している必要があります。

2. 前提条件の確認

前提条件として、サーバ担当から以下の情報を共有してもらわなければなりません。

接続先の情報

障害が発生しているサーバに直接接続できる場合もありますが、場合によっては専用端末や踏み台サーバ越しでないとアクセスできない場合があります。 どのIPからどのIP経由で接続するか確認します。加えて、sshのポート番号も22番からかえている場合はsshのポート番号も確認します。

ユーザ情報

ユーザ情報がわからないとssh接続が行えません。 また、緊急時に想定される操作が行えるユーザでないとssh接続が行えても権限不足で何も行えない可能性があります。

それを踏まえて、rootユーザもしくはsudoコマンドでroot操作が行えるユーザの以下の情報を確認します。 踏み台接続など経由先がある場合はその情報も併せて確認します。

3. Teraterm(SSH接続ツール)のインストール

ここでは、Windowsの事務端末から簡単にサーバへssh接続できるようにTeratermをインストールしていきます。

Teratermのダウンロード

https://osdn.jp/projects/ttssh2/releases/より、インストーラ(teraterm-X.XX.exe)をダウンロードします。

Teratermのインストール

インストーラ(teraterm-X.XX.exe)を実行してインストールします。 ユーザアカウント制御のダイアログで許可を聞かれたら、OKにします。

セットアップに使用する言語の選択

「セットアップに使用する言語の選択」は「日本語」を選択して「次へ」をクリックします。

セットアップに使用する言語の選択

Tera Term セットアップウィザードの開始

「Tera Term セットアップウィザードの開始」、そのまま「次へ」をクリックします。

teraterm-install-02

使用許諾契約書の同意

「使用許諾契約書の同意」は「同意する」にチェックを入れて「次へ」をクリックします。

使用許諾契約書の同意

インストール先の指定

「インストール先の指定」は、特に不都合がなければ、そのまま「次へ」をクリックします。

インストール先の指定

Tera Term セットアップ

「Tera Term セットアップ」は「標準インストール」を選択します。

Tera Term セットアップー標準インストール

Cygwinは使わない想定で、「CygTerm+」のチェックは外します。

Tera Term セットアップーCygTerm+のチェックは外す

言語の選択

「言語の選択」は「日本語」にチェックを入れて、「次へ」をクリックします。

言語の選択

プログラムグループの指定

「プログラムグループの指定」はそのまま「次へ」をクリックします。

プログラムグループの指定

追加タスクの選択

「追加タスクの選択」はそのままでもいいですが、サーバ管理者がマクロを用意していることも多いと思いますので、「.ttlファイルをttpmacro.exeに関連付ける」はチェックしておいて、「次へ」をクリックします。

追加タスクの選択

インストール準備完了

「インストール準備完了」は「インストール」をクリックします。

インストール準備完了

Tera Term セットアップウィザードの完了

「Tera Term セットアップウィザードの完了」まで来ましたら「完了」をクリックします。

teraterm-install-11

以上でTera Termのインストールは完了です。デスクトップのアイコンをクリックするなどして起動し、接続情報を入力して接続できます。

4. ユーザ名・パスワードだけで接続する環境のssh接続方法

サーバ管理者からユーザ名・パスワードのみ共有を受けて、特に共通鍵認証の鍵の情報など共有を受けていない場合はユーザ名とパスワードを使用してssh接続を行います。

新しい接続

Tera Termを起動し、「ホスト」にサーバのIPアドレスまたはホスト名を入力して、「OK」をクリックします。ここでは、サーバのIPアドレスが192.168.56.101の例となっています。

ユーザ名・パスワードだけで接続する環境のssh接続方法―Tera Termを起動しサーバのIPまたはホスト名入力

セキュリティ警告

セキュリティ警告が出ますが、「続行」をクリックします。

ユーザ名・パスワードだけで接続する環境のssh接続方法―セキュリティ警告

SSH認証

「SSH」認証は「ユーザ名」にサーバ管理者から共有を受けたユーザ名、ここではroot。 パスフレーズにパスワードを入力して、「OK」を入力します。

ユーザ名・パスワードだけで接続する環境のssh接続方法―SSH認証

これで接続できればOKです。接続できない場合は正しく入力できているか確認し、だめならサーバ管理者に接続情報、サーバのIP制限、認証用の鍵情報を今一度確認してください。

SSH認証OK

5. ユーザ名と公開鍵認証の秘密鍵を使用してssh接続(パスフレーズあり、ポート番号10022)

サーバ管理者からユーザ名、パスフレーズ、公開鍵認証の秘密鍵、ポート番号の共有を受けている場合のssh接続方法です。

新しい接続

Tera Termを起動し、「ホスト」にサーバのIPアドレスまたはホスト名を入力して、「TCPポート」に指定のポート番号を入力して、「OK」をクリックします。 ここでは、サーバのIPアドレスがXXXX.xyz、ポート番号が10022の例となっています。

ユーザ名と公開鍵認証の秘密鍵を使用してssh接続(パスフレーズあり、ポート番号10022)―新しい接続

セキュリティ警告

セキュリティ警告が出ますが、「続行」をクリックします。

SSH認証

「SSH」認証は「ユーザ名」、「パスフレーズ」を入力し、「RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う」にチェックをいれ、「秘密鍵」に秘密鍵のパスを入力します。 エクスプローラーで該当ファイルが表示されない場合は、すべてを表示を選択すると表示されます。

ユーザ名と公開鍵認証の秘密鍵を使用してssh接続(パスフレーズあり、ポート番号10022)―SSH認証

これで接続できればOKです。接続できない場合は正しく入力できているか確認し、だめならサーバ管理者に接続情報、サーバのIP制限、認証用の鍵情報を今一度確認してください。

6. ユーザ名と公開鍵認証の秘密鍵を使用してssh接続(パスフレーズなし、sudoでroot操作、AWSの例)

AWSなど、サーバ管理者からユーザ名、公開鍵認証の秘密鍵の共有を受けている場合のssh接続方法です。 以下はAWSのec2インスタンスへのssh接続の例です。

新しい接続

Tera Termを起動し、「ホスト」にサーバのIPアドレスまたはホスト名を入力して「OK」をクリックします。

ユーザ名と公開鍵認証の秘密鍵を使用してssh接続(パスフレーズなし、sudoでroot操作、AWSの例)―新しい接続

セキュリティ警告

セキュリティ警告が出ますが、「続行」をクリックします。

SSH認証

「ユーザ名」にec2-user、「パスフレーズ」は未入力、「RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う」にチェックをいれ、「秘密鍵」に秘密鍵のパスを入力します。 エクスプローラーで該当ファイルが表示されない場合は、すべてを表示を選択すると表示されます。

ユーザ名と公開鍵認証の秘密鍵を使用してssh接続(パスフレーズなし、sudoでroot操作、AWSの例)―SSH認証

これで接続できればOKです。 接続できない場合は正しく入力できているか確認し、だめならサーバ管理者に接続情報、サーバのIP制限、認証用の鍵情報を今一度確認してください。

root操作

コンソール上で、「sudo su」と入力して操作を続けるか、コマンド実行毎に「sudo <コマンド>」と入力することでroot操作が行えます。

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /Fiddler /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JMeter /JUnit /Teraterm /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /WordPress

Web API
Google Maps

ITインフラOSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr

ITインフラサーバー
公開Webサーバー

ITインフラネットワーク
プログラミング /構築

ITインフラセキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

PC製品
ZOTAC

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

35.172.203.87

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク