トップ 開発環境 JUnit

▲記事トップへ

JUnit―入門からEasyMockやdjUnitの使い方など実践まで

JUnitをテーマに入門からEasyMockやdjUnitの使い方など実践まで紹介しています。

目次

この記事の目次です。

1. JUnitとは
2. JUnitのダウンロード
3. JUnitの使い方
4. Eclipseで実行する方法
5. JUnit5

JUnit関連の参考書籍
更新履歴

1. JUnitとは

JUnitは、Javaプログラムの単体テストを行うためのツールです。

読み方

JUnitの読み方は「ジェーユニット」です。

2. JUnitのダウンロード

https://github.com/junit-team/junit/wiki/Download-and-Install より、以下をダウンロードします。

3. JUnitの使い方

ここでは、JUnitの使い方について解説していきます。

JUnitのサンプルソース

JUnitのサンプルソースです。

実行プログラム

public class Sample {
    private String msg = null;
    public void setMsg(String msg){
        this.msg = msg;
    }
    public String getMsg() {
        if (msg != null && msg.length() > 0) {
            return msg;
        } else {
            return "Hello!!";
        }
    }
}

テストケース

テストケースです。

import junit.framework.TestCase;
public class SampleTest extends TestCase {
    public SampleTest(String name) {
        super(name);
    }
    public void testSample() {
        String defaultValue = "Hello!!";
        Sample sample = new Sample();

        // nullの場合
        sample.setMsg(null);
        String nullValue  = sample.getMsg();
        assertEquals(defaultValue, nullValue);

        // 空白の場合
        sample.setMsg("");
        String blankValue  = sample.getMsg();
        assertEquals(defaultValue, blankValue);

        // それ以外の場合
        String settingValue = "こんにちは!!";
        sample.setMsg("こんにちは!!");
        String gettingValue  = sample.getMsg();
        assertEquals(settingValue, gettingValue);
    }
}

JUnitの実行方法

Javaソースをコンパイルします。

<Javaインストールフォルダ>\bin\javac -classpath <DL置き場>\junit.jar;. Sample.java SampleTest.java

実行します。

<Javaインストールフォルダ>\bin\java -classpath <DL置き場>\junit.jar;<DL置き場>\hamcrest-core.jar;. junit.swingui.TestRunner SampleTest

「OK (1 test)」などと表示されます。

EasyMock

JUnitのEasyMockの使い方を解説しています。

詳細

4. Eclipseで実行する方法

Eclipseで実行する操作はdjUnitのところを参考にしていただければと思います。

djUnitの使い方

djUnitの使い方について解説しています。 不慣れな方がクラスパスエラーにならないように、Eclipseのクラスパス設定も補足しています。

詳細

5. JUnit5

JUnit5について触れていきます。

JUnit5とは

JUnit5は、以前のバージョンと異なり、「JUnit Platform」「JUnit Jupiter」「JUnit Vintage」の3つのサブプロジェクトに含まれる複数のモジュールで構成されます。

JUnit Platform

JUnit Platformは、JVM上でテストフレームワークを起動するための基盤として機能します。 また、プラットフォーム上で動作するテストフレームワークを開発するためのTestEngine APIも定義します。 さらに、プラットフォームには、コマンドラインからプラットフォームを起動するためのConsole Launcherと、JUnit4ベースの環境でプラットフォーム上の任意のTestEngineを実行するためのJUnit4ベースのRunnerが用意されています。 JUnit Platformのファーストクラス・サポートは、一般的なIDEやビルド・ツールにもあります。

JUnit Jupiter

JUnit Jupiterは、JUnit5でテストと拡張を記述するための新しいプログラミング・モデルと拡張モデルを組み合わせたものです。 Jupiterサブプロジェクトでは、プラットフォーム上のテストに基づいてJupiterを実行するためのTestEngineを提供しています。

JUnit Vintage

JUnit Vintageは、プラットフォーム上でJUnit3とJUnit4のテストを実行するためのTestEngineを提供します。

JUnit関連の参考書籍

JUnit関連の参考書籍です。

JUnit実践入門 ~体系的に学ぶユニットテストの技法

入門者の定番の書籍です。 JavaテスティングフレームワークのデファクトスタンダードであるJUnitの基本的な使い方から、拡張機能、テストパターンまでを網羅的に解説します。 また、データベースやAndroidのテストを取り上げるほか、 ユニットテストを開発に効果的に取り入れるためのビルド支援ツール・カバレッジ測定ツール・継続的インテグレーション・テスト駆動開発などの周辺技術について、 ユニットテストからの視点で説明します。

目次

【Part 1 JUnit入門】
第1章 JUnitチュートリアル
第2章 ユニットテスト
第3章 テスティングフレームワーク
【Part 2 第2部 JUnitの機能と拡張】
第4章 アサーション
第5章 テストランナー 第6章 テストのコンテキスト
第7章 テストフィクスチャ
第8章 パラメータ化テスト
第9章 ルール
第10章 カテゴリ化テスト
【Part 3 ユニットテストの活用と実践】
第11章 テストダブル
第12章 データベースのテスト
第13章 Androidのテスト
第14章 コードカバレッジ
【Part 4 開発プロセスの改善】
第15章 継続的テスト
第16章 テスト駆動開発
第17章 振舞駆動開発
【Part 5 演習問題】
第18章 ベーシックなテスト
第19章 アサーションとフィクスチャ
第20章 テストダブルの活用

更新履歴

この記事の更新履歴です。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /WordPress

Web API
Google Maps

ITインフラOSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr

ITインフラサーバー
Web公開サーバー

ITインフラネットワーク
プログラミング /構築

ITインフラセキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

PC製品
ZOTAC

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

3.220.164.172

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク