トップ SI ホームページの作り方

ホームページの作り方―レンタルサーバー&ワードプレスで作成。

ホームページの作り方をテーマにしたコンテンツです。レンタルサーバを活用したワードプレス(WordPress)サイトの作成方法を紹介していきます。

目次

この記事の目次です。

1. レンタルサーバ選び方

2. 使用するレンタルサーバ

3. ホームページ公開の仕方

4. WordPress用のデータベースの設定方法

5. WordPressのインストール方法

知識を深めるための参考

更新履歴

1. レンタルサーバ選び方

レンタルサーバはたくさんありますが、使い勝手やセキュリティ面はどこも大差無いですが、考慮したい点を挙げてみます。

URLの移植性、SSHの利用、WordPress、PHP7以上、無料SSLが使用できる環境

100万PVのサイトを作りたいなら、URLの移植性が重要と思います。 また、技術者があつかいやすいSSHの利用できるところだと移設時の負担が減ると思います。 記事のアップが容易に行えるよう、WordPressが使用できることも重要と思います。 あと、PHP7以上無料SSL(Let’s Encrypt)ですね。

理由

2. 使用するレンタルサーバ

レンタルサーバを選ぼうとしてみたところ、2015年11月現在ではバリューサーバがお得でした。 最下位のエコでも(12ヶ月契約で税込で月180円!)、WordPressに必要なPHPとMySQLが利用できて、SSHが利用できます。 この仕様、ロリポップならスタンダード(500円)です。

もちろん独自ドメインもOK。SSH利用は画面でIP登録する方式なので安心。GMO系列で将来のVPSやクラウド移行の要件も満たします。 クレジットだと即時操作出来て面倒さが半減しますが、マイナス面は、一旦入金してデポジットしてサービスを購入するという2段購入の流れが面倒で分かりにくいです。 振込だと思い立ったモチベーションが切れるかもです。

「まるっと」というプランがドメインとサーバセットで12ヶ月契約月当たり143円(税込)で安いです。

参考

バリューサーバーのまるっとプランで.xyzドメインにしました。税抜きで初年度1599円(月133円)、2年目移行2980円(月248円)とのことです。 契約してみたところ、バリュードメインのアカウント作成が必要で、既にバリュードメインをもっていましたが、プロモーションページから進んだ方が誘導があって分かりやすかったです。

3. ホームページ公開の仕方

プロモーションページなどからバリューサーバーを申し込んだ後、 独自ドメイン設定してWebページがブラウザから見れるようにするところまで説明します。

サーバーとドメインの契約

プロモーションページなどからバリューサーバーを申し込みを行います。

申し込みを行って、バリュードメインのアカウントを作成したら、 https://www.value-domain.com/vs.phpにログインして、サーバや独自ドメインの契約を行います。

バリューサーバーでは、サービス利用前に予め入金してデポジットを支払い、 そのデポジットで実際にサービスを購入する2段プロセスでサーバーとドメインを契約します。

まるっとプランの例

バリューサーバー【まるっとプラン】 で.xyzの独自ドメインを契約する例で説明します。

デポジット購入

サーバーの価格は、年額1500円(税込み1620円)で、.xyzドメインが年額99円(税込み107円)です。 合計1727円のデポジットがあればOKです。デポジットが無い場合は支払い方法のところを参考に入金してデポジットします。

サーバの契約

サーバーアカウント取得、管理>バリューサーバーをクリック。該当サーバの購入リンクをクリックします。

サーバーアカウントの購入

プランを選択したら、下の方にある購入ボタンをクリックすればOKです。

サーバーのプラン選択

ドメインの契約

ドメイン>ドメイン登録をクリックして、取得しようとしているドメイン名を検索します。 検索したら該当のドメインの購入ボタンをクリックし、フォームに必要な内容を入力して登録ボタンをクリックすればOKです。

検索したドメインを購入

4. WordPress用のデータベースの設定方法

WordPressを利用する場合、インストールする前にMySQLのデータベースの準備が必要です。ySQLのデータベースの作成方法について説明します。

MySQLとは

MySQLは、軽快な動作や高速性に定評のあるSQLベースのデータベース管理システムです。

バリューサーバの管理画面へログイン

では実際にバリューサーバーでMySQLを作成していきます! 画面操作だけで非常に簡単です。

バリューサーバの管理画面へログインします。 バリュードメイン(https://www.value-domain.com/vs.php)にログインして、 バリュードメインのサーバー>バリューサーバーを選択し、 設定するサーバーの「サーバー設定」をクリックするとサーバー管理画面の入室ボタンが出てくるので、そこからログインできます。

MySQLデータベースの作成

データベース>MySQLの追加・編集でデータベースの追加・インストールページを表示します。

パスワードを入力して、文字コードを選択します。文字コードはUTF-8を選択します。

入力したら、作成ボタンをクリックします。

MySQLのデータベースの追加

作成には、しばらく時間がかかります。10分くらい待てば大丈夫と思います。

以上でMySQLのデータベースの追加は終わりです。

5. WordPressのインストール方法

WordPressは世界で一番利用されているCMSです!WordPressのインストールして、WordPressの管理画面にログインするところまで説明します。

WordPressとは

WordPressは、世界でもっとも利用されているPHPベースのCMSの1つです。

補足

バリューサーバの管理画面へログイン

では実際にバリューサーバーでMySQLを作成していきます! 画面操作だけで非常に簡単です。

バリューサーバの管理画面へログインします。 バリュードメイン(https://www.value-domain.com/vs.php)にログインして、 バリュードメインのサーバー>バリューサーバーを選択し、 設定するサーバーの「サーバー設定」をクリックするとサーバー管理画面の入室ボタンが出てくるので、そこからログインできます。

WordPressのインストール

CMSのインストール>WordPressでブログシステムインストールを表示します。

設置場所・パスを入力します。独自ドメインを設定している場合は独自ドメイン名でディレクトリが作られているので独自ドメイン名を入力します。

入力したら、インストールボタンをクリックします。

WordPressのインストール

作成には、しばらく時間がかかります。10分くらい待てば大丈夫と思います。

知識を深めるための参考

更新履歴

この記事の更新履歴です。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

34.225.194.144

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク