トップ 言語 PHP

PHP―PHPとはからやさしく解説。for文やmysql、ページングの例など。

プログラミング言語のPHPについてまとめています。読み方はピーエイチピーです。for文やmysql、ページングの例など、PHPとは?からやさしく説明しています。

目次

この記事の目次です。

1. PHPプログラミング入門

2. PHPプログラミング基礎

3. PHPの関数

4. サーバの設定など

5. mysql、ページングなど

6. フレームワーク、CMSなど

7. その他の参考情報

更新履歴

1. PHPプログラミング入門

PHPとはどのような言語か簡単に見ていきます。

主にホームページ向けに作られたプログラミング言語

PHPは、主にWebサーバーと連携してWebページを動的に生成することを主目的に作られた、スクリプト式のプログラミング言語です。

Webページは、言いかえるとホームページのページです。WebページはHTMLというマークアップ式の言語で記述します。 HTMLで作成したファイルを、Web上に公開されているWebサーバに設置することで、ホームページのページがブラウザからアクセスして見れます。

このHTMLは、記述したものをそのまま表示するものです。基本的に条件に合わせて自動で表示内容を変更することができないです。 PHPを利用することでWebページを動的に生成することができます。

なお、PHPは、Webだけでなく、その他にGUIやコマンドラインなどのプログラムも作れます。

MySQLと連携して利用されることが多い

CMSで有名なWordPressもPHPで作られていいます。 HTMLを条件に合わせて自動で表示内容を変更することで実現しているWeb上で利用できるツールです。 PHPとMySQLを連携して作られているツールです。

MySQL

MySQLとは、Excelのようにデータを表形式で保存する専用のソフトです。 データを保存するのに特化した専用ソフトで、それだけでは、何もできないソフトです。一般的にそのような専用の処理を行うソフトをミドルウェアといいます。

つまり、MySQLはデータ保存部分の機能に特化したソフトです。 WordPressなど、PHPのプログラムで作られたWebツールやシステムは、よくこのMySQLを使用して、データの保存部分の機能を実現しています。

なお、MySQLについての詳しい説明は以下にまとめています。

詳細

歴史

PHPは、1995年にRasmus Lerdorf氏により「Personal Home Page Tools」という名前で開発されました。 もともとはオンラインに置いてある彼の履歴書へのアクセスを解析するためのものでしたが、その後改良されて現在のPHPとなりました。

正式名称

正式名称は、Hypertext Preprocessor(ピー・エイチ・ピー ハイパーテキスト プリプロセッサー)です。 オブジェクト指向にも対応しており、クラスの定義や継承、インタフェースの定義、クラスメンバのアクセス制御の機能が利用できます。 CakePHPなど高度なフレームワークがあり、WordPressのような世界中で利用されているPHP製のCMSがあります。

特徴

PHPの特徴としては次のようなことがあげられます。

設定ファイル

PHPスクリプトを実行するときの動作はPHPの設定ファイル(php.ini)で指定します。 php.iniはPHPをWebサーバのモジュールとして実行するときにはWebサーバの起動時に読み込まれます。 また、コマンドラインから実行するときには実行のたびに読み込まれます。

拡張子

PHPファイルの拡張子は、一般的に.phpが利用されます。

2. PHPプログラミング基礎

書き方が分からないとPHPプログラミングが始められません。 まずは文法を覚えることが必要になります。 ここでは、ダブルクォーテーションのエスケープ、for文、関数などの文法をテーマにPHPプログラミングの基礎知識をまとめています。

詳細

3. PHPの関数

PHPには標準でたくさんの関数が利用できます。 これらの関数はまさにPHPプログラミングの基礎といえます。 ここでは、文字列置換や乱数生成などPHP標準の関数をテーマにPHPプログラミングの基礎知識をまとめています。

詳細

4. サーバの設定など

「.htaccess」などPHPの環境面の内容をまとめています。

「.html」の拡張子のファイルでPHPを実行する方法

「.html」の拡張子のファイルでPHPを実行する場合は、以下の設定を「.htaccess」に記述します。

AddType application/x-httpd-php .php .html

ファイルアップロード関連の設定方法

ファイルアップロード関連はphp.iniの設定が関連してきます。

file_uploads

file_uploadsが「On」になっていないとそもそもアップロードできません。

設定例

有効にする場合の設定例です。

; Whether to allow HTTP file uploads.
; http://php.net/file-uploads
file_uploads = On

upload_tmp_dir

PHPは一度、一時領域にファイルがアップロードされ、移動してファイルを使います。 upload_tmp_dirで一時領域のパスが指定できます。

設定例

/tmpにする場合の設定例です。

; Temporary directory for HTTP uploaded files (will use system default if not
; specified).
; http://php.net/upload-tmp-dir
upload_tmp_dir =/tmp

upload_max_filesize

大きいファイルでサーバが落とされるリスクがあるため、ファイルサイズに制限があります。 upload_max_filesizeで制限サイズが変更できます。

設定例

アップロードファイルサイズの上限を5Mにする場合の設定例です。

; Maximum allowed size for uploaded files.
; http://php.net/upload-max-filesize
upload_max_filesize = 5M

ファイルアップロードのサンプルコード

ファイルのアップロードはセキュリティ面で注意が必要です。 極力入力値を使わないよう努力する必要があります。 /etc/passwdなどのパストラバーサル攻撃やファイルのプロパティやファイル内に仕込んだコードを意識したコーディングが必要です。

サンプルコード

画像のアップロードを行うサンプルです。 アップロードするとファイルの幅を500pxに合わせてサイズ変更を行ってアップロードされます。 GDモジュールを使用します。

他にも考慮する点あるかと思いますが、 ファイルの形式などの基本的なチェックと画像編集ソフトにかけて万が一バイナリに不正コードが仕込まれても変換されるようにし、ファイル名ももともとのファイル名は使わないようにしてみました。

まずはフォーム部分です。 アップロードは「post」メソッドで、「multipart/form-data」を指定しないとできません。 入力チェックはサーバサイドで行わないと直接攻撃される恐れがあるのでフォームではしていません。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta charset="UTF-8">
<title>アップロードサンプル</title>
</head>
<body>
<form action="upload.php" method="post" enctype="multipart/form-data">
<input type="file" name="upload_file" id="upload_file">
<input type="submit" value="アップロード" name="submit">
</form>
</body>
</html>

次にPHP(upload.php)の内容です。

<?php
if(!isset($_POST['submit'])) {
    echo 'フォーム送信されていませんでした。';
    exit;
}

if ($_FILES['upload_file']['size'] > 5000000) {
    echo 'ファイルサイズが大きすぎました。';
    exit;
}

$tmp_file = $_FILES["upload_file"]["tmp_name"];
if(!getimagesize($tmp_file)) {
    echo '画像ファイルと認識できませんでした。';
    exit;
}

list($org_width, $org_height, $file_type) = getimagesize($tmp_file);
$org_image = "";
$ext_str = "";
switch ($file_type) {
    case IMAGETYPE_JPEG:
        $org_image = imagecreatefromjpeg($tmp_file);
        $ext_str = '.jpg';
        break;
    case IMAGETYPE_PNG:
        $org_image = imagecreatefrompng($tmp_file);
        $ext_str = '.png';
        break;
    case IMAGETYPE_GIF:
        $org_image = imagecreatefromgif($tmp_file);
        $ext_str = '.gif';
        break;
    default:
        echo "JPG、JPEG、PNG、GIF以外の形式でした。";
        exit;
}

$width = 500;
$height = 500 * ($org_height/$org_width);
$canvas = imagecreatetruecolor($width, $height);
imagecopyresampled($canvas, $org_image, 0,0,0,0,
        $width, $height, $org_width, $org_height);
$save_dir = "uploads/";
$time_str = date("YmdHis");
$extension = strtolower(pathinfo($tmp_file,PATHINFO_EXTENSION));
$save_file = 'uploads/' . $time_str . $ext_str;
switch ($file_type) {
    case IMAGETYPE_JPEG:
        imagejpeg($canvas, $save_file);
        break;
    case IMAGETYPE_PNG:
        imagepng($canvas, $save_file, 9);
        break;
    case IMAGETYPE_GIF:
        imagegif($canvas, $save_file);
        break;
}
imagedestroy($org_image);
imagedestroy($canvas);

echo '「' . $tmp_file. '」がアップロードされました。';
echo '保存ファイルは「' . $save_file . '」です。';
?>

なお、アップロードされたファイルをセッション管理下で表示したい場合は、以下はのようにPHPで画像をレスポンスで返してあげれば解決します。

<php
$image_file = '<アップロードファイルパス>';
$file_info = new finfo(FILEINFO_MIME_TYPE);
$mime_type = $file_info->file($image_file);
header('Content-Type: '.$mime_type);
readfile($image_file);
?>

PHPの拡張モジュールの構築方法

PHPの拡張モジュールの構築方法についてまとめていきます。

imagick

imagickとは、ImageMagick APIを使用してPHPからImageMagickを操作するためのPHPの拡張モジュールのことをいいます。

imagickのインストール

imagickをCentOS7にインストールする例を見ていきます。前提として、ImageMagickとImageMagick-develをインストールする必要があります。

ImageMagickのインストール

ImageMagickをインストールします。

yum -y install ImageMagick
yum -y install ImageMagick-devel
imagickのインストール

imagick-3.4.3のインストール例です。他のバージョンは「https://pecl.php.net/package/imagick」で確認できます。

$ wget https://pecl.php.net/get/imagick-3.4.3.tgz
$ tar zxvf imagick-3.4.3.tgz
$ cd imagick-3.4.3
$ phpize
$ ./configure
$ make
# make install
imagickを使用したサンプルプログラム

imagickを使用したサンプルプログラムです。

<?php
dl('imagick.so');
$filename = "test.jpg";
$image = new Imagick($filename);
header("Content-Type: image/jpeg");
echo $image;
$image->clear();
?>

5. mysql、ページングなど

mysql、ページングなどのサンプルを紹介していきます。

Webアプリケーション

PHPで作成したWebアプリケーションのサンプルです。

簡単なWebアプリケーション

PHPで作成した簡単なWebアプリケーションのサンプルです。

サンプル

public_htmlはHTML公開用のディレクトリでlibはライブラリ用のディレクトリとして、 今回はindex.phpからWebApplication.phpを読み込んで機能を利用します。

lib
└─com
     └─zealseeds
             WebApplication.php
public_html
      index.php
公開用ファイル(index.php)
<?php
include_once '../lib/com/zealseeds/WebApplication.php';
$webapp = new WebApplication();
echo $webapp->doGet();
?>
非公開ファイル(WebApplication.php)
<?php
class WebApplication {

	private $html = "Hello World!!\n";

	public function doGet() {
		return $this->html;
	}
}
?>
実行方法

phpがインストールされている環境でphpコマンドにパスを通して、以下のように実行します。

> php index.php
Content-type: text/html

Hello World!!

また、Webサーバ+PHPを構築したサーバのHTML公開用のディレクトリにソースファイルを配置して、 ブラウザよりindex.phpアクセスすると「Hello World!!」と出力されます。

mysql

mysqlを使用したPHPのサンプルを見ていきます。

Webアプリケーション

PHPからmysqlを使用したWebアプリケーションのサンプルです。

サンプル

例えば、この機能を使うとはじめの一回ライブラリのパスを設定すればよくなり、自前のライブラリを作りやすくなります。

public_htmlはHTML公開用のディレクトリでlibはライブラリ用のディレクトリとして、 今回はindex.phpからWebApplication.phpとMySQLClient.phpを読み込んで機能を利用します。

/home/user
├─lib
│  └─com
│      └─zealseeds
│          │  WebApplication.php
│          │
│          └─connection
│              └─mysql
│                      MySQLClient.php
└─public_html
        index.php
公開用ファイル(index.php)
<?php
set_include_path('/home/user/lib');
include_once 'com/zealseeds/WebApplication.php';

$webapp = new WebApplication();
echo $webapp->doGet();
?>
非公開ファイル(WebApplication.php)
<?php
include_once 'com/zealseeds/connection/mysql/MySQLClient.php';

class WebApplication {

	private $html = "";

	public function doGet() {
		$mysql = new MySQLClient();
		$body = $mysql->doSelectOne('select body from pageinfo where id=1', 'body');
		$this->html = "<html><body>" . $body . "</body></html>\n";
		return $this->html;
	}
}
?>
非公開ファイル(MySQLClient.php)
<?php
class MySQLClient {

	public function doSelectOne($sql, $col) {
		$con = mysql_connect('localhost', 'dbuser', 'password');
		$db_selected = mysql_select_db('dbname', $con);
		mysql_set_charset('utf8');
		$result = mysql_query($sql);
		$row = mysql_fetch_assoc($result);
		$value = $row[$col];
		mysql_close($con);
		return $value;
	}
}
?>
DB準備
> mysql -u dbuser -ppassword
mysql> create database dbname;
mysql> use dbname;
mysql> create table pageinfo(id int PRIMARY KEY, body VARCHAR(64));
mysql> insert into pageinfo values (1, 'Hello World!!');
mysql> quit
実行方法

phpがインストールされている環境でphpコマンドにパスを通して、以下のように実行します。

> php index.php
Content-type: text/html

<html><body>Hello World!!</body></html>

また、Webサーバ+PHPを構築したサーバのHTML公開用のディレクトリにソースファイルを配置して、 ブラウザよりindex.phpアクセスすると「Hello World!!」と出力されます。

ページング

PHPのページングのサンプルです。

<?php
$paging_start = 0;
if (!empty($_GET['start']) && is_numeric($_GET['start'])) {
	$paging_start = (int)$_GET['start'];
}

$paging_num = 20;
if (!empty($_GET['num']) && is_numeric($_GET['num'])) {
	$paging_num = (int)$_GET['num'];
}

for ($i = $paging_start; $i <= $paging_start + $paging_num; $i++) {
	if ($i >= $search_result_count) {
		break;
	}
	echo '<p>' . $i . '件目</p>';
}

echo '<ul>';
if ($paging_start >= $paging_num) {
	echo '<li><a href="//' . $_SERVER["HTTP_HOST"];
	echo  $_SERVER["REQUEST_URI"];
	echo '&start=' . strval($paging_start-$paging_num);
	echo '&num=' . strval($paging_num);
	echo '">前の' . $paging_num . '件</a></li>';
}

if ($paging_num < $search_result_count) {
	echo '<li>' . strval($paging_start+1);
	echo '-' . strval($paging_start+$paging_num) . '件</span></li>';
}

if ($paging_start+$paging_num < $search_result_count) {
	echo '<li><a href="//' . $_SERVER["HTTP_HOST"];
	echo $_SERVER["REQUEST_URI"];
	echo '&start=' . strval($paging_start+$paging_num);
	echo '&num=' . strval($paging_num);
	echo '">次の' . $paging_num . '件</a></li>';
}
echo '</ul>';
?>

PHPのデバック方法

PHPのデバック方法について見ていきます。

var_dump()

var_dump()関数を使用することで変数の値が出力できます。

echo "<pre>";
var_dump($array);
echo "</pre>";

6. フレームワーク、CMSなど

フレームワークやCMSなどPHPプログラミングの応用知識をまとめています。

Laravel

2011年ころにリリースされ、人気が急上昇しているのがLaravelです。 もしPHPのフレームワークを学習するならLaravelがおすすめです。

Laravelとは

Laravelとは、Taylor Otwell が開発したMVCモデルのWebアプリケーション開発用フレームワーク(オープンソース)です。 公式サイトでは、表現力豊かでエレガントな構文を備えたWebアプリケーションフレームワークと紹介しています。 MITライセンスで公開され無料で利用できます。

WordPress

PHPの制作を行っている場合、WordPressが触れないとつらいですね。WordPress(ワードプレス)についてまとめています。

詳細

7. その他の参考情報

PHP関連のその他の参考情報です。

VMなどを使用せずにWindows上にPHPのテスト環境を作る方法

PHPと連携したテスト用に使用するApacheのインストールと設定方法についてまとめています。

Apacheのダウンロード

http://httpd.apache.org/download.cgi (※URLは2007年3月時点のものです。) からダウンロードします。 このURLに行くと次のページが表示されます。

はじめに表示されるページ

続いて、画面を下のほうにスクロールして「Apache HTTP Server 2.0.59 is also available」という項目を見つけます。 見つけたら、「apache_2.0.59-win32-x86-no_ssl.msi」をクリックしてダウンロードします。
※ApacheのバージョンとPHPのバージョンの組合せによって、うまく動作しないことがあります。 当サイトの説明を参照される方は、出来るだけ「apache_2.0.59-win32-x86-no_ssl.msi」をダウンロードするようにしてください。

apache_2.0.59-win32-x86-no_ssl.msiを選択する

Apacheのインストール

それでは、インストーラを実行し、Apacheをインストールしていきます。

まず、ダウンロードした「apache_2.0.59-win32-x86-no_ssl.msi」というアイコンをダブルクリックしてインストーラを実行します。 次の画面が表示されたら、NEXT>ボタンをクリックします。

インストーラの起動画面

「I accept the terms・・・」をチェックしてNEXT>ボタンをクリックします。

使用許諾契約画面

さらに、NEXT>ボタンをクリックします。

Apacheの特徴

サーバーの設定を行います。 ドメイン名、サーバー名、管理者のメールアドレスを入力し、NEXT>ボタンをクリックします。
※サーバーの設定はインストール後に変更できます。

サーバーの設定

セットアップを選択します。 ここでは、このままでNEXT>ボタンをクリックします。

セットアップの選択

Apacheをインストールするディレクトリを選択します。 ここでは、このままでNEXT>ボタンをクリックします。

ディレクトリの選択

設定が終了し、次の画面が表示されます。 「Install」ボタンをクリックするとインストールを開始します。

インストール開始

問題なくインストールが完了したら、インストールの最終画面が表示されるので、「Finish」ボタンをクリックします。

続いて、Apacheを起動して正しくインストールされているか確認します。 インストール終了後は、Apacheが起動していますので、ブラウザを起動してhttp://localhost/と入力して、 次のような表示がされれば、Apacheは正しくインストールされています。

Apacheの起動

スタート→すべてのプログラム→Apache HTTP Server 2.0.59→Control Apache Server→Startの順で選択します。

Apacheの停止

スタート→すべてのプログラム→Apache HTTP Server 2.0.59→Control Apache Server→Stopの順で選択します。

Apacheの再起動

スタート→すべてのプログラム→Apache HTTP Server 2.0.59→Control Apache Server→Restartの順で選択します。

Apacheアンインストール

Apacheをアンインストールするには、Windowsのコントロールパネルでプログラムの追加と削除にて行います。

PHPのダウンロード

http://www.php.net/releases/index.php (※URLは2007年3月時点のものです。) からダウンロードします。 このURLに行くと次のページが表示されます。

はじめに表示されるページ

続いて、画面を下のほうにスクロールして「5.1.6」という項目を探します。

見つけたら、「Windows binary」をクリックします。

※ApacheのバージョンとPHPのバージョンの組合せによって、うまく動作しないことがあります。 当サイトの説明を参照される方は、出来るだけ「5.1.6」をダウンロードするようにしてください。

Windows binaryを選択する

次のページが表示されたら、日本の国旗の下にある「jp.php.net」をクリックします。 「ファイルのダウンロード」ダイアログボックスが表示されるので、任意の場所にダウンロードします。

Windows binaryを選択する

C\phpフォルダ作成

まずはじめに、Cドライブの下にphpという名前のフォルダを作成します。 そして、「php-5.1.6-Win32.zip」を解凍し、そのフォルダ内のファイルをすべてC:\phpフォルダにコピーします。

php5ts.dllをコピー&貼付

次にphpフォルダ内にあるphp5ts.dll(コアPHP DLL)をC:\WINDOWS\system32にコピーします。

php.iniの作成

次にphpフォルダ内にあるphp.ini.distをC:\WINDOWSにコピーし、ファイル名をphp.iniに変更します。

Apacheの設定

次にApacheの設定を行います。 「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf\httpd.conf(デフォルトの場合)」をテキストエディタで開きます。

※ファイルに記述されている「#」は、それ以降がコメントであることを表しています。

LoadModule

LoadModuleの最後に次の行を追加します。

LoadModule php5_module c:/php/php5apache2.dll

※php5apache2.dllの絶対パスを記述します。

AddType

AddTypeの最後に次の行を追加します。

AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-source .phps

Apacheの再起動

設定ファイルを変更したら、上書き保存してApacheを再起動すると、変更した設定が有効になります。

PHPの設定

インストールしたPHPをApache用に設定します。 先ほどのWindowsフォルダに、名前を変更してコピーした「php.ini」をテキストエディタで編集します。

ドキュメントルートの設定

doc_root = の部分(460行目付近)を
doc_root = "c:\Program Files\Apache Group\Apache2\htdocs"
に設定します。

インクルードパスの設定

include_path = の部分(460行目付近)を
include_path = ".;c:\php\includes"
に設定します。

magic_quotes_gpcの設定

magic_quotes_gpc = の部分(420行目付近)を
magic_quotes_gpc = Off
に設定します。

拡張モジュールの設定

extension_dir = の部分(460行目付近)を
extension_dir = "c:\php\ext"
に設定します。

Apacheの再起動

設定ファイルを変更したら、上書き保存してApacheを再起動すると、変更した設定が有効になります。

ブラウザ表示の確認

ためしに、テキストエディタで次のコードを書き、index.phpという名前で、「 test」という名前のフォルダをC:\Program Files\Apache Group\Apache2\htdocsに作成して保存します。

index.phpのコード

「http://localhost/test/index.php」とブラウザのアドレス欄に入力すると、次の画面が表示されます。

ブラウザ表示の確認

PHPの文字コードの設定

ここでは、文字化けがおきてしまう場合の対応例を載せております。 文字化けがない場合、この設定により逆に文字化けがおきてしまうかもしれませんので参考までの情報としてください。

PHPは、ほとんどのOSで利用できますが、もともとはUNIXで使用するために開発された言語です。 Sift_JISやUnicodeで記述することも出来ますが、文字化けなどの問題を起こすこともあるので、EUC-JPで記述することが好ましいでしょう。

文字コードをEUC-JPで使うには、次のような設定を行います。

「php.ini」を開く

「php.ini」をテキストエディタで開きます。 当サイトで説明しているディレクトリ構成では「C:\Windows\php.ini」です。

「php.ini」を編集

次の行は、デフォルトでは先頭に;がついてコメントになっています。 ;を外して有効にします。 それぞれの行を次のように指定し、上書き保存します。

output_buffering = off 出力バッファリングを無効にします
default_charaset = EUC-JP デフォルトのHTTP charasetをEUCにします
extension = php_mbstring.dll マルチバイト環境を設定します
mbstring.language = Japanese デフォルトの言語を日本語にします
mbstring.encoding_translation = On HTTP入力変換を有効にします
mbstring.http_input = auto HTTP入力文字コードを自動にします
mbstring.http_output = EUC-JP HTTP出力文字コードをEUCにします
mbstring.internal_encoding = EUC-JP 内部文字コードをEUCにします
mbstring.substitute_character = none; 処理できない代替文字を出力しません
mbstring.detect-order = auto 文字コード検出のデフォルト値を自動にします
Apacheの再起動

Apacheを再起動します。 以上で設定完了です。

テスト用データベース(SQLite)の設定

テスト用のデータベースとしてSQLiteを設定します。

PHP5以降でははじめからSQLiteのモジュールが組み込まれています。 しかし、PHP5.1.0以降は手動で有効にしなければならないようになっています。

以下では、SQLiteの設定について説明してまいります。

拡張モジュールの場所設定の確認

PHPのphp.ini設定で拡張モジュールを使用するためにフォルダを指定しました。 extension_dir = の部分(460行目付近)が

extension_dir = "c:\php\ext"

に設定されていることを確認します。

php_sqlite.dllの設定

次に、;extension=php_sqlite.dllの「;」を外して、

extension=php_sqlite.dll

とします。

PDOドライバの設定

PDOとはPHP Data Object拡張モジュールのことで、PHPからデータベースにアクセスするためのインターフェースを定義するものです。 データベースにアクセスするには、データベース固有のPDOドライバが必要になります。

先ほどのextension=php_sqlite.dllに次の2行を追加します。

extension=php_pdo.dll
extension=php_pdo_sqlite.dll

extension=php_sqlite.dll

とします。

Apache再起動&確認

Apacheを再起動し、phpinfoのコードを記述して確認してみましょう。

phpinfoのコード

ブラウザを開き、SQLiteの情報が表示されていればOKです。

SQLite情報表示の確認

更新履歴

更新履歴になります。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /WordPress

Web API
Google Maps

ITインフラOSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr

ITインフラサーバー
Web公開サーバー

ITインフラネットワーク
プログラミング /構築

ITインフラセキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

PC製品
ZOTAC

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

3.236.126.69

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク