トップ 言語 PHP ハウツー テスト環境を作る方法 Windows

Windows上にPHPのテスト環境を作る方法

Windows上にPHPのテスト環境を作る方法について、いくつかまとめています。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. Pleiades All in One EclipseのXAMPを利用する
2. VirtualBoxにLAMP環境構築して利用する
3. PHPとApacheのインストールして利用する

もっと知識を広げるための参考
更新履歴

1. Pleiades All in One EclipseのXAMPを利用する

Pleiades All in One EclipseのXAMPを利用する方法について見ていきます。

Pleiades All in One Eclipseのインストール

以下よりご利用の環境と一致するPleiades All in One Eclipseを落としてきます。

https://mergedoc.osdn.jp/

Pleiades All in One Eclipse公開サイト
Pleiades All in One Eclipse公開サイト

PHPやWebサーバが組み込まれているXAMPPはPHP7.4が組み込まれていますね。PHPのFull Editionをダウンロードします。

PHPのFull Editionをダウンロード
PHPのFull Editionをダウンロード

ダウンロードしてきたらZIPを解答すればインストール完了です。

Eclipseの起動

eclipse.exeをダブルクリックすることで起動できます。 たとえば、Fドライブ直下にダウンロードしてきたZIPを解答した場合は、
F:\pleiades-2021-09-php-win-64bit-jre_20210919\pleiades\eclipse\eclipse.exe
です。

Fドライブ直下にダウンロードしてきたZIPを解答した場合
Fドライブ直下にダウンロードしてきたZIPを解答した場合

起動したら表示されるEclipseプラットフォームランチャーは特に変更せずに起動をクリックします。

Eclipseプラットフォームランチャー
Eclipseプラットフォームランチャー

起動したらデフォルトでこのような画面が表示されます。

Eclipse起動後の画面
Eclipse起動後の画面

PHPプロジェクト作成

PHPプロジェクトを作成します。左部分を右クリックして表示されるメニューの新規>プロジェクトを選択します。

新規>プロジェクトを選択
新規>プロジェクトを選択

PHPプロジェクトを選択して次へをクリックします。

PHPプロジェクトを選択して次へをクリック
PHPプロジェクトを選択して次へをクリック

プロジェクト名を入力して完了をクリックします。

プロジェクト名を入力して完了をクリック
プロジェクト名を入力して完了をクリック

PHPコードの作成

サンプルコードを作成していきます。

左のプロジェクト名を選択して右クリックで表示されるメニューの新規>PHPファイルを選択します。

プロジェクト名を入力して完了をクリック
プロジェクト名を入力して完了をクリック

ファイル名を入力して完了をクリックします。

ファイル名を入力して完了をクリック
ファイル名を入力して完了をクリック

「phpinfo();」を追記します。今回はこれで完成です。

「phpinfo();」を追記
「phpinfo();」を追記

XAMPPを起動

XAMPPを起動します。xampp_start.exeをダブルクリックすることで起動できます。 たとえば、Fドライブ直下にダウンロードしてきたZIPを解答した場合は、
F:\pleiades-2021-09-php-win-64bit-jre_20210919\pleiades\xampp\xampp_start.exe
です。

Windows Firewallのダイアログが表示されたら許可を選択しないと利用できません。 利用する場合は許可します。

ブラウザで表示して実行確認

ブラウザで「http://localhost/<プロジェクト名>/<PHPファイル名>」のURLでアクセスするとPHPが実行されてレスポンスの内容が表示されます。

たとえば、プロジェクト名が「sample」でPHPファイルが「newfile.php」の場合はURLは
http://localhost/sample/newfile.php
になります。

ブラウザで表示して実行確認
ブラウザで表示して実行確認

phpinfoページが表示されればOKです。

XAMPPの停止

作業終了後にEclipseを閉じるだけでは全部停止しません。 XAMPPはxampp_stop.exeをクリックして停止させる必要があります。

2. VirtualBoxにLAMP環境構築して利用する

VirtualBoxにLAMP環境構築して利用する方法があります。 こちらについては参考サイトの記事をご確認ください。

参考サイト

WordPressテストサイト―ロリポップ、エックスサーバー環境の作り方
https://htaccess-support.com/test/site/wordpress/centos/index.html

↑VirtualBoxにLAMP環境構築してWordPress(PHPとMySQL使用)が動作するまでの手順です。

3. PHPとApacheのインストールして利用する

PHPとApacheのインストールして利用す方法について見ていきます。

Apacheのダウンロード

http://httpd.apache.org/download.cgi (※URLは2007年3月時点のものです。) からダウンロードします。 このURLに行くと次のページが表示されます。

はじめに表示されるページ

続いて、画面を下のほうにスクロールして「Apache HTTP Server 2.0.59 is also available」という項目を見つけます。 見つけたら、「apache_2.0.59-win32-x86-no_ssl.msi」をクリックしてダウンロードします。
※ApacheのバージョンとPHPのバージョンの組合せによって、うまく動作しないことがあります。 当サイトの説明を参照される方は、出来るだけ「apache_2.0.59-win32-x86-no_ssl.msi」をダウンロードするようにしてください。

apache_2.0.59-win32-x86-no_ssl.msiを選択する

Apacheのインストール

それでは、インストーラを実行し、Apacheをインストールしていきます。

まず、ダウンロードした「apache_2.0.59-win32-x86-no_ssl.msi」というアイコンをダブルクリックしてインストーラを実行します。 次の画面が表示されたら、NEXT>ボタンをクリックします。

インストーラの起動画面

「I accept the terms・・・」をチェックしてNEXT>ボタンをクリックします。

使用許諾契約画面

さらに、NEXT>ボタンをクリックします。

Apacheの特徴

サーバーの設定を行います。 ドメイン名、サーバー名、管理者のメールアドレスを入力し、NEXT>ボタンをクリックします。
※サーバーの設定はインストール後に変更できます。

サーバーの設定

セットアップを選択します。 ここでは、このままでNEXT>ボタンをクリックします。

セットアップの選択

Apacheをインストールするディレクトリを選択します。 ここでは、このままでNEXT>ボタンをクリックします。

ディレクトリの選択

設定が終了し、次の画面が表示されます。 「Install」ボタンをクリックするとインストールを開始します。

インストール開始

問題なくインストールが完了したら、インストールの最終画面が表示されるので、「Finish」ボタンをクリックします。

続いて、Apacheを起動して正しくインストールされているか確認します。 インストール終了後は、Apacheが起動していますので、ブラウザを起動してhttp://localhost/と入力して、 次のような表示がされれば、Apacheは正しくインストールされています。

Apacheの起動

スタート→すべてのプログラム→Apache HTTP Server 2.0.59→Control Apache Server→Startの順で選択します。

Apacheの停止

スタート→すべてのプログラム→Apache HTTP Server 2.0.59→Control Apache Server→Stopの順で選択します。

Apacheの再起動

スタート→すべてのプログラム→Apache HTTP Server 2.0.59→Control Apache Server→Restartの順で選択します。

Apacheアンインストール

Apacheをアンインストールするには、Windowsのコントロールパネルでプログラムの追加と削除にて行います。

PHPのダウンロード

http://www.php.net/releases/index.php (※URLは2007年3月時点のものです。) からダウンロードします。 このURLに行くと次のページが表示されます。

はじめに表示されるページ

続いて、画面を下のほうにスクロールして「5.1.6」という項目を探します。

見つけたら、「Windows binary」をクリックします。

※ApacheのバージョンとPHPのバージョンの組合せによって、うまく動作しないことがあります。 当サイトの説明を参照される方は、出来るだけ「5.1.6」をダウンロードするようにしてください。

Windows binaryを選択する

次のページが表示されたら、日本の国旗の下にある「jp.php.net」をクリックします。 「ファイルのダウンロード」ダイアログボックスが表示されるので、任意の場所にダウンロードします。

Windows binaryを選択する

C\phpフォルダ作成

まずはじめに、Cドライブの下にphpという名前のフォルダを作成します。 そして、「php-5.1.6-Win32.zip」を解凍し、そのフォルダ内のファイルをすべてC:\phpフォルダにコピーします。

php5ts.dllをコピー&貼付

次にphpフォルダ内にあるphp5ts.dll(コアPHP DLL)をC:\WINDOWS\system32にコピーします。

php.iniの作成

次にphpフォルダ内にあるphp.ini.distをC:\WINDOWSにコピーし、ファイル名をphp.iniに変更します。

Apacheの設定

次にApacheの設定を行います。 「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf\httpd.conf(デフォルトの場合)」をテキストエディタで開きます。

※ファイルに記述されている「#」は、それ以降がコメントであることを表しています。

LoadModule

LoadModuleの最後に次の行を追加します。

LoadModule php5_module c:/php/php5apache2.dll

※php5apache2.dllの絶対パスを記述します。

AddType

AddTypeの最後に次の行を追加します。

AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-source .phps

Apacheの再起動

設定ファイルを変更したら、上書き保存してApacheを再起動すると、変更した設定が有効になります。

PHPの設定

インストールしたPHPをApache用に設定します。 先ほどのWindowsフォルダに、名前を変更してコピーした「php.ini」をテキストエディタで編集します。

ドキュメントルートの設定

doc_root = の部分(460行目付近)を
doc_root = "c:\Program Files\Apache Group\Apache2\htdocs"
に設定します。

インクルードパスの設定

include_path = の部分(460行目付近)を
include_path = ".;c:\php\includes"
に設定します。

magic_quotes_gpcの設定

magic_quotes_gpc = の部分(420行目付近)を
magic_quotes_gpc = Off
に設定します。

拡張モジュールの設定

extension_dir = の部分(460行目付近)を
extension_dir = "c:\php\ext"
に設定します。

Apacheの再起動

設定ファイルを変更したら、上書き保存してApacheを再起動すると、変更した設定が有効になります。

ブラウザ表示の確認

ためしに、テキストエディタで次のコードを書き、index.phpという名前で、「 test」という名前のフォルダをC:\Program Files\Apache Group\Apache2\htdocsに作成して保存します。

index.phpのコード

「http://localhost/test/index.php」とブラウザのアドレス欄に入力すると、次の画面が表示されます。

ブラウザ表示の確認

PHPの文字コードの設定

ここでは、文字化けがおきてしまう場合の対応例を載せております。 文字化けがない場合、この設定により逆に文字化けがおきてしまうかもしれませんので参考までの情報としてください。

PHPは、ほとんどのOSで利用できますが、もともとはUNIXで使用するために開発された言語です。 Sift_JISやUnicodeで記述することも出来ますが、文字化けなどの問題を起こすこともあるので、EUC-JPで記述することが好ましいでしょう。

文字コードをEUC-JPで使うには、次のような設定を行います。

「php.ini」を開く

「php.ini」をテキストエディタで開きます。 当サイトで説明しているディレクトリ構成では「C:\Windows\php.ini」です。

「php.ini」を編集

次の行は、デフォルトでは先頭に;がついてコメントになっています。 ;を外して有効にします。 それぞれの行を次のように指定し、上書き保存します。

output_buffering = off 出力バッファリングを無効にします
default_charaset = EUC-JP デフォルトのHTTP charasetをEUCにします
extension = php_mbstring.dll マルチバイト環境を設定します
mbstring.language = Japanese デフォルトの言語を日本語にします
mbstring.encoding_translation = On HTTP入力変換を有効にします
mbstring.http_input = auto HTTP入力文字コードを自動にします
mbstring.http_output = EUC-JP HTTP出力文字コードをEUCにします
mbstring.internal_encoding = EUC-JP 内部文字コードをEUCにします
mbstring.substitute_character = none; 処理できない代替文字を出力しません
mbstring.detect-order = auto 文字コード検出のデフォルト値を自動にします

Apacheの再起動

Apacheを再起動します。 以上で設定完了です。

テスト用データベース(SQLite)の設定

テスト用のデータベースとしてSQLiteを設定します。

PHP5以降でははじめからSQLiteのモジュールが組み込まれています。 しかし、PHP5.1.0以降は手動で有効にしなければならないようになっています。

以下では、SQLiteの設定について説明してまいります。

拡張モジュールの場所設定の確認

PHPのphp.ini設定で拡張モジュールを使用するためにフォルダを指定しました。 extension_dir = の部分(460行目付近)が

extension_dir = "c:\php\ext"

に設定されていることを確認します。

php_sqlite.dllの設定

次に、;extension=php_sqlite.dllの「;」を外して、

extension=php_sqlite.dll

とします。

PDOドライバの設定

PDOとはPHP Data Object拡張モジュールのことで、PHPからデータベースにアクセスするためのインターフェースを定義するものです。 データベースにアクセスするには、データベース固有のPDOドライバが必要になります。

先ほどのextension=php_sqlite.dllに次の2行を追加します。

extension=php_pdo.dll
extension=php_pdo_sqlite.dll

extension=php_sqlite.dll

とします。

Apache再起動&確認

Apacheを再起動し、phpinfoのコードを記述して確認してみましょう。

phpinfoのコード

ブラウザを開き、SQLiteの情報が表示されていればOKです。

SQLite情報表示の確認

もっと知識を広げるための参考

もっと知識を広げるための参考です。

PHP

プログラミング言語のPHPについてまとめています。 読み方はピーエイチピーです。for文やmysql、ページングの例など、PHPとは?からやさしく説明しています。

詳細

更新履歴

更新履歴になります。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /Fiddler /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JMeter /JUnit /Teraterm /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Jakarta EE(旧称J2EE、Java EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /FuelPHP /Lucene /MyBatis /Seasar2 /Spring /Struts /WordPress

Web API
Google Maps

ITインフラOSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
ActiveMQ /Tomcat /MariaDB /MySQL /Nagios /Redis /Solr

ITインフラサーバー
公開Webサーバー

ITインフラネットワーク
プログラミング /構築

ITインフラセキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

PC製品
ZOTAC

SI
ホームページの作り方

その他
IT用語 /ITスキル体系

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

3.238.180.255

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク