トップ ライブラリ/Framework/CMS WordPress

WordPress(ワードプレス)―手動インストールやルートディレクトリ設定など

WordPress(ワードプレス)の手動インストール手順やルートディレクトリと表示URLの設定や関連知識についてまとめています。

目次

この記事の目次です。

1. WordPressとは

2. WordPressのインストール

3. WordPressのカスタマイズ

4. WordPressの移行方法

5. WordPressの不具合解決のコツ

もっと知識を広げるための参考

更新履歴

1. WordPressとは

WordPress(ワードプレス)は、コーディングが行えない人でもウェブページの作成・更新が行えるホームページの運用ツールです。

ホームページとは

ホームページとは、ブラウザで閲覧するウェブページ、ウェブサイトの総称です。 ホームページは本来ブラウザに初めに表示されるウェブページですが、現在ではウェブページやウェブサイト全体を指す言葉で使われます。 ブログなどもウェブサイトの1つですのでホームページとも言えます。 主にHTMLというマークアップ式の言語で記述して作成します。

WordPressはCMS

WordPressは、ホームページを作成・更新するためのツールです。 このようなツールのことをCMSとも言います。 WordPressは世界でもっとも利用されているCMSの1つで、無料で利用できます。

CMSとは

CMSとは、Contents Management Systemの略で、コンテンツ管理システムのことを言います。 ワードプレスのようにホームページのコンテンツを管理するためのツールです。

コーディング出来なくても使える

WordPressは、HTMLなどの知識がなくてもオフィスのワード感覚でページが作成でき、プログラミングなどわからないホームページ初心者でもウェブページの更新が行えます(※)。 また、多種多様なホームページのデザインや便利な機能が提供されていて、クリック操作だけで追加したり切り替えて利用でき、アクセスUPなどのサイト改善に集中できるメリットがあります。

※ウェブページの更新に関しては行えますが、ホームページの運用を行うためにはサーバや脆弱性管理など専門的な知識が必要です。 安易にホームページを運用すると改ざんや乗っ取りの被害にあう恐れがあり、実際に多くの被害が出ています。

簡単な使い方の説明

導入は詳しい人にお願いするか、WordPress対応のレンタルサーバを利用してマニュアルに沿って導入します。 WordPressの管理ログインページ(wp-login.php)よりログインして、投稿画面のりページ作成、更新します。

WordPressのテーマ

WordPressで作成するホームページのデザインはテーマというテンプレートで作られます。 初心者向けのテーマはワードプレスをインストールした際に初めから入っているテーマが好ましいと思います。

WordPressは十分にセキュリティ対策を考慮する必要があり、WordPressが提供するテーマが無難です。 バージョンUP時に使えなくなるトラブルの心配も減ります。

WordPressのファイル構成

WordPressのファイル構成は以下です。

ファイル・ディレクトリ説明
/index.php通常アクセスの開始部分
/.htaccessパーマネントリンク設定時に使用
/wp-config.php設定ファイル
/wp-login.phpログイン画面
/wp-admin/管理画面用のファイル群
/wp-content/サイトのデータ格納場所
/wp-content/languages/言語ファイル
/wp-content/themes/テーマ格納場所
/wp-content/plugins/プラグイン格納場所
/wp-content/uploads/アップロードしたファイル格納場所
/wp-includes/WordPressのコアファイル

2. WordPressのインストール

WordPressのインストール方法について見ていきます。

WordPressのインストール(レンタルサーバの場合)

WordPressのインストールサービスが利用できるサービスを選んでボタン操作で行えます。

レンタルサーバを使用したWordPressの解説は以下にUPしています。

WordPressのインストール(VPSや専用サーバの場合)

MySQLを使いますのでMySQLを構築してからWordPressのインストールを行います。

CentOSの場合

WordPress パッケージをダウンロードして、解凍。

http://ja.wordpress.org/から日本語版のWordPressパッケージをダウンロードし、解凍。

MySQLを用意しデータベースとユーザの作成

サーバー上に、WordPress 用のデータベースと、そのデータベースへの全アクセス権・編集権を持つMySQLユーザを作成。

MySQLのインストール(Linux)
# yum -y install mysql-server
# /etc/rc.d/init.d/mysqld start
# mysql -u root
set password for root@localhost=password('<ルートパスワード>');
quit
WordPress 用のデータベースとユーザ作成
# mysql -u root -p
CREATE DATABASE データベース名;
GRANT ALL PRIVILEGES ON データベース名.* TO データベースユーザ名@<ユーザが接続するホスト> IDENTIFIED BY '<パスワード>';
FLUSH PRIVILEGES;

wp-config.php の設定

wp-config-sample.php ファイルの名前を wp-config.php に変更。

テキストエディタで wp-config.php を開き、 wp-config.php ファイルの編集記事の説明に従いデータベース情報と秘密鍵の値を記入。 データベーステーブルの接頭辞も念のため変更しておきます。

MySQLの接続情報変更箇所
/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'database_name_here');

/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'username_here');

/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'password_here');

/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');
秘密鍵の値変更箇所
define('AUTH_KEY',         'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_KEY',  'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_KEY',    'put your unique phrase here');
define('NONCE_KEY',        'put your unique phrase here');
define('AUTH_SALT',        'put your unique phrase here');
define('SECURE_AUTH_SALT', 'put your unique phrase here');
define('LOGGED_IN_SALT',   'put your unique phrase here');
define('NONCE_SALT',       'put your unique phrase here');
WordPress FTPなしでプラグインダウンロードできる設定

SSHのみでFTPが利用できない場合など、FTPなしでプラグインがダウンロードできるように以下を最下部あたりに追加します。

/** WordPress FTPなしでプラグインダウンロードできる設定 */
define('FS_METHOD', 'direct');
データベーステーブルの接頭辞の変更箇所
$table_prefix  = 'wp_';

ファイルをアップロード

サーバー上の希望の場所に、WordPress ファイルを設置。

インストールスクリプトの実行

ブラウザで wp-admin/install.php へアクセスし、インストールスクリプトを実行。 ユーザー名にadminやサイト名など推測されやすいものは使わないように注意します。

3. WordPressのカスタマイズ

WordPressのカスタマイズ方法についてまとめていきます。

WordPressのルートディレクトリ設定

WordPressのルートディレクトリ設定について補足いたします。

WordPressのルートディレクトリとは?

WordPressのルートディレクトリとは、WordPressのホームディレクトリのことです。

ドメインルートディレクトリとルートディレクトリを合わせるのがよいか?

ドメインルートディレクトリの下層にwordpressやblog等のディレクトリにおいて、WordPressのルートディレクトリをドメインルートにしなくても URL上はドメインルートから始まるURLに設定できます。

下層にルートディレクトリにおいてURLのドメインルートで始まるようにする方法

たとえば、ドメインルートディレクトリに「wordpress」というディレクトリ名でWordPressのルートディレクトリを配置した場合の下層にルートディレクトリにおいてURLのドメインルートで始まるようにする方法を解説します。

ドメインルートディレクトリにWordPressを読み込むindex.phpを配置

ドメインルートディレクトリにWordPressを読み込むindex.phpを配置します。

配置構成

以下の構成です。

<ドメインルートディレクトリ>
wordpress
index.php
ドメインルートディレクトリに置くindex.phpのコード

ドメインルートディレクトリに置くindex.phpのコードは以下です。

define( 'WP_USE_THEMES', true );
require( dirname( __FILE__ ) . '/wordpress/wp-blog-header.php' );
WordPressの管理画面で表示URLの変更

index.phpを配置したら、WordPressの管理画面で表示URLを変更します。

WordPressの管理画面で表示URL設定の例

例では、ドメインではなく「192.168.56.102」というIPアドレスを使用しています。この部分をドメイン名と置き換えてください。 httpではなく、httpsの場合はその部分も置き換えます。

WordPressのアドレス(URL)はそのまま「http://192.168.56.102/wordpress」になります。

サイトアドレス(URL)を「http://192.168.56.102」にすることでURLの表示が変わります。

上記のように設定するだけで、以下のように「http://192.168.56.102」でWordPressコンテンツが表示されるようになります。

下層にルートディレクトリにおいてURLのドメインルートで表示したWordPressの例

WordPressと.htaccess

WordPressで使用する.htaccessについてまとめていきます。

.htaccessはWordPressのどこにあるか

WordPressのインストール媒体を解凍するとその中には「.htaccess」は含まれていません。 .htaccessがWordPressのどこにあるのか、また、どこに設置すればよいのかなど、まとめていきます。

URの設定がパーマリンクの形式の時に自動生成される

「?p=N」のようなデフォルトの形式でなく、「/pagename」のようなパーマリンク形式の設定を行うと、WordPressは.htaccessファイルを生成もしくは既存の.htaccessに記述を追加します。

自動生成される場所

自動生成される場所はWordPressインストールディレクトリの直下になります。

「.htaccess」編集時の注意点

WordPressは「.htaccess」を自動更新します。自動更新される場所にリダイレクトの記述など追記してしまうと、いつの間にか消えてしまう恐れがあるので注意が必要です。

WordPressが出力する記述

WordPressが出力する記述は以下になります。

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress
# BEGIN WordPress ~ # END WordPressは自動更新エリア

BEGIN WordPress ~ # END WordPressは自動更新エリアになります。 自動更新エリアにリダイレクトなどの設定を追記しても自動更新のタイミングでクリアされてしまうので注意しましょう。

WordPressの.htaccessの自動更新タイミング

「ダッシュボード>設定>パーマネントリンク設定」の画面を表示したタイミングで自動更新が行われます。 もしどうしても# BEGIN WordPress ~ # END WordPressの自動更新エリアの中の記述を編集しなければならない場合は、.htaccessのアクセス権を444に設定して書込みできないようにすると自動更新されなくなります。

参考

.htaccessについて以下のサイトを参考にしました。

WordPressのセキュリティ対策

WPScan(WordPressの脆弱性診断ツール)の使い方や各種セキュリティの設定方法など、WordPress(ワードプレス)のセキュリティ対策についてまとめています。

詳細

WordPressのテーマ

WordPress(ワードプレス)のテーマはwp-content/themesのディレクトリ(フォルダ)のパスの下に置かれ、インストール直後はデフォルトのテーマが有効なります。 簡単なテーマの自作方法やデフォルトのテーマから自作したテーマに切り替える方法などの情報をまとめています。

詳細

WordPressのカスタムフィールド

カスタムフィールドの値の表示方法について見ていきます。

カスタムフィールドとは

カスタムフィールドとは、投稿データに追加で設定できる属性です。例えば商品の投稿に価格などの属性をつけて検索などに利用できるようにするためのものです。

カスタムフィールドの設定例

たとえば、「custom_field_product_price」というカスタムフィールドを投稿編集ページで設定してみます。

カスタムフィールドの設定例1-商品A カスタムフィールドの設定例2-商品B

カスタムフィールドの表示方法

カスタムフィールドの値の取得は$post->custom_field_product_priceというように投稿編集ページで設定したキーワードで取得できます。

カスタムフィールドを取得して表示する例

以下は、home.phpを編集してカスタムフィールドを表示してみた結果です。

<?php
while ( have_posts() ) :
	the_post();
	the_title('<h2>','</h2>');
	the_content('<p>','</p>');
	echo '<p>';
	echo (int)$post->custom_field_product_price . '円';
	echo '</p>';
endwhile;
?>
カスタムフィールドを取得して表示する例

WordPressのプラグイン

WordPressのプラグインの使い方について例を挙げて解説していきます。

Postie

Postieはメールを送信からWordpressに記事を投稿するためのプラグインです。 メールで送信した件名、本文、添付画像がWordPressに投稿できるようになります。

URL)https://ja.wordpress.org/plugins/postie/

Postieの使い方の例

インストールからテスト送信までのPostieの使い方の例です。

プラグインの画面より新規追加をクリックします。

Postieの使い方の例(操作1)

Postieを検索します。

Postieの使い方の例(操作2)

Postieをインストールします。

Postieの使い方の例(操作3)

メール設定情報を調べます。

Postieの使い方の例(操作4)

メールの設定を行います。

Postieの使い方の例(操作5)

何度も投稿されないよう設定には注意が必要な箇所もあります。

Postieの使い方の例(操作6)

テスト投稿を行います。

Postieの使い方の例(操作7)

テスト投稿が反映されます。

Postieの使い方の例(操作8)

4. WordPressの移行方法

WordPressの移行方法について見ていきます。

WordPress関連のファイル一式コピー&移設先に配置

①以降前の環境
tar zcvf wpfile.tar.gz <WordPress関連ファイル配置ディレクトリのルートパス>

②移設先に配置
cd <配置先>
tar zxvf wpfile.tar.gz

MySQLのダンプ採取と以降先にリストア

①移行前のDBダンプ
$ mysqldump -h DBサーバホスト -u DBユーザ -p hostDB > ホスト名.dump
Enter password:

②以降ものとDBにリストア
$ mysql -h DBサーバホスト -u DBユーザ -p dev_hostDB < ホスト名.dump
Enter password:

移行ツールで移行

ダウンロード

https://interconnectit.com/products/search-and-replace-for-wordpress- databases/より、Search-Replace-DB-master.zipをダウンロードします。

配置

WordPress配置先の上位パスに解凍してできたSearch-Replace-DB-masterを 配置します。

実施

後始末

必ず移行ツールは削除します。DBの接続情報が見れたり、残ると非常に危険です。

$rm -Rf Search-Replace-DB-master

5. WordPressの不具合解決のコツ

WordPressで発生する不具合解決のコツについてまとめていきます。

バージョンアップ後に発生する不具合の原因の特定

バージョンアップ後に発生する不具合の原因の特定についてです。

プラグインおよびテーマを標準以外外す

WordPressのバージョンアップで不具合が発生する可能性が高いのは、WordPress本体ではなく、サードパーティーやオリジナル製のプラグインとテーマです。

どのテーマ、プラグインが原因か調べるため、一旦標準以外のものを外して1つ1つ有効化していくことでどれが原因か特定できます。

知識を深めるための参考

イベント駆動アーキテクチャ

WordPressは、イベント駆動アーキテクチャを採用したシステムです。以下の書籍でイベント駆動アーキテクチャについて紹介していました! 興味がある方は、参考にしてください。

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /bootstrap /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

3.85.245.126

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク