トップ 開発環境 Git

Gitとは―分散型バージョン管理システム。読み方はジットではなくギット。

Gitとは、分散型バージョン管理システムです。読み方は「ジット」ではなく「ギット」です。Gitとはどのようなものかまとめています。

目次

この記事の目次です。

1. Gitとは

2. Gitの読み方

3. バージョン管理システムとは

4. 分散型バージョン管理システムとは

5. Gitのインストール方法

6. Gitの使い方

更新履歴

1. Gitとは

Gitとは、分散型バージョン管理システムです。 分散型のリビジョン管理およびソースコード管理システムであり、速度に重点を置いています。

Gitの利点

Gitの利点は例えば以下です。

2. Gitの読み方

Gitの読み方は「ジット」ではなく「ギット」です。

3. バージョン管理システムとは

バージョン管理システムは、英語でVersion Control System、略してVCSといい、フトウェア開発者が共同で作業を行い、作業の完全な履歴を維持するのに役立つソフトウェアです。 あるファイルをいつ、だれが、どのように変更したのかという履歴をバージョンとして記録して管理するシステムのことをいいます。

機能、特徴

バージョン管理システムの主な機能、特徴は以下です。

バージョン管理システム関連の用語

以下ではバージョン管理システム関連の用語について触れていきます。

バージョン管理

バージョン管理とは、変更を追跡管理することをいいます。

リポジトリ

ファイルを保存するストレージ領域をリポジトリといいます。 バージョン管理システムでは一般的に1個のディレクトリがあり、タイムラインを見たり、ファイルをコミットしたり、ブランチを作るなど特別名操作ができるもののことをリポジトリといいます。

タイムライン

履歴のことをタイムラインといいます。 イベントを時系列に並べたものでヒストリーとも呼ばれます。

コミット

コミットは、リポジトリに保存される変更のことをいいます。 「コミットする」という場合、「リポジトリに修正を保存する」という操作を意味します。

ブランチ

ブランチは、リポジトリで行う開発の経路のひとつを指します。

4. 分散型バージョン管理システムとは

古くから利用されているバージョンン管理システムは、サーバに1つのリポジトリ(データベース)を置く中央集中型のバージョン管理システムでしたが、 Gitは利用者個々のローカルにリポジトリが置かれる仕組みです。このような仕組みのバージョン管理システムのことを分散型バージョン管理システムといいます。

集中型の欠点と分散型の利点

中央集中型のバージョン管理システムは、中央サーバーを使用してすべてのファイルを保存し、チームの共同作業を可能にします。 しかし、中央集中型のバージョン管理システムの欠点は中央サーバの障害です。 中央サーバが1時間ダウンすると、その間は誰も協業作業が行えません。 最悪の場合、中央サーバのディスクが破損し、適切なバックアップが取られていないと、プロジェクトの履歴全部が失われます。

一方、分散型バージョン管理システムのクライアントは、ディレクトリの最新のスナップショットをチェックアウトするだけでなく、リポジトリを完全にミラー化します。 サーバがダウンした場合は、任意のクライアントのリポジトリをサーバにコピーしてリストアできます。 すべてのチェックアウトは、リポジトリの完全バックアップです。 Gitは中央サーバーに依存しないため、オフラインでも多くの操作を実行できます。 オフライン時には、変更のコミット、ブランチの作成、ログの表示、およびその他の操作を実行できます。 ネットワーク接続が必要なのは、変更を公開して最新の変更を行う場合だけです。

5. Gitのインストール方法

Gitのインストール方法です。

Windows

WindowsへのGitのインストール方法について見ていきます。

Gitのインストール媒体のダウンロード

「https://git-scm.com/download/win」より、Gitのインストール媒体がダウンロードできます。

インストーラの実行

ダウンロードしたインストール媒体を実行することでインストールが行えます。

Linux

LinuxへのGitのインストール方法について見ていきます。

DebianベースのGUN/Linux

UbuntuなどDebianベースのGUN/Linuxはapt-getコマンドを使用してGitのインストールが行えます。

[ubuntu ~]$ sudo apt-get install git-core
[sudo] password for ubuntu:

RPMベースのGUN/Linux

CentOSなどRPMベースのGUN/Linuxはyumコマンドを使用してGitのインストールが行えます。

$ su -
Password:
# yum -y install git-core

インストール確認

インストール確認はコマンドラインで以下のようにバージョン確認コマンドを実行することで確認できます。

git --version

6. Gitの使い方

Gitをインストールできましたでしょうか。。 ここではGitの使い方をテーマに、Git GUIやGit Bashのコマンドの使い方について解説していきます。

詳細

更新履歴

更新履歴になります。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

34.225.194.144

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク