トップ 開発環境 Git 使い方 Eclipse

Eclipseを利用したGitの使い方。

EclipseでGitが使用できます。簡単に使い方を解説していきます。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. Eclipseとは
2. EclipseのGitの初期設定
3. ファイルのステージングとコミット
4. リモートリポジトリの複製
5. リモートリポジトリへの変更の反映

更新履歴

1. Eclipseとは

Eclipseとは、読み方は「えくりぷす」、オープンソースのIDE(統合開発環境)です。 Eclipseは基本的な機能を提供し、その上に商用、非商用の様々なプラグインを組み込むことができます。 言語は主にJavaですが、その他の言語にも対応するようです。

詳細

2. EclipseのGitの初期設定

EclipseのGitの初期設定を行うまでの簡単なデモです。

Eclipseを起動

Eclipseを起動します。

Eclipse起動画面
Eclipse起動画面

パースペクティブのJavaを開く

パースペクティブのJavaを開きます。

パースペクティブのJava選択
パースペクティブのJava選択

プロジェクト作成

パッケージエクスプローラーを右クリックして表示されるメニューからJavaプロジェクトを作成します。

Javaプロジェクト作成
Javaプロジェクト作成

リポジトリ作成

Git BashもしくはGit GUIでJavaプロジェクトのディレクトリをリポジトリにします。

$ cd /c/tmp/eclipse_git_dir/Gitテスト/
$ git init
Initialized empty Git repository in C:/tmp/eclipse_git_dir/Gitテスト/.git/

チーム共用を選択

パッケージエクスプローラーの作成したJavaプロジェクトのノードを選択して、右クリックメニューからチーム共用を選択します。

Eclipseのチーム共用選択
Eclipseのチーム共用選択

Gitを選択

Gitを選択して次へをクリックします。

Gitを選択
Gitを選択

Gitリポジトリの構成を確認して完了をクリックします。

Gitリポジトリの構成
Gitを選択

EclipseのGitの設定ができました。

Gitリポジトリの構成
Gitを選択

3. ファイルのステージングとコミット

ファイルのステージングとコミット操作を行う簡単なデモです。

Javaファイルを作成する

Javaファイルを作成します。

Javaファイルを作成
Javaファイルを作成

ステージングエリアに追加する

ファイルを選択して右クリックで表示されるメニューからチーム>索引に追加をクリックします。

ステージングエリアに追加する操作
ステージングエリアに追加する操作

ステージングエリアに追加するとアイコンの表示が変わります。

ステージングエリアに追加後
ステージングエリアに追加後

コミットする

ファイルを選択して右クリックで表示されるメニューからチーム>コミットをクリックします。

コミット選択操作
コミット選択操作

メッセージを入力してコミットします。

コミット実行
コミット実行

コミットされるとリポジトリマークがつきます。

コミット後
コミット後

4. リモートリポジトリの複製

リモートリポジトリの複製方法について見ていきます。

リモートリポジトリの作成

まずは説明のためリモートリポジトリを同じPC内に作成していきます。 先ほど作成したプロジェクトをコミットしたリポジトリを複製してリモートリポジトリにして、新しくEclipseでのワーキング用にリモートリポジトリの複製を作ります。

プロジェクトファイルのコミット

複製後にEclipseにインポートできるようにプロジェクトファイルをコミットしておきます。

プロジェクトファイルのコミット
プロジェクトファイルのコミット

ローカルを複製してリモートリポジトリの作成

Git Bashでローカルを複製してリモートリポジトリの作成します。

$ git clone --bare .git C:/tmp/origin_dir/Gitテスト.git
Cloning into bare repository 'C:/tmp/origin_dir/Gitテスト.git'...
done.

元のプロジェクトを削除

リモートリポジトリから複製できることを確認するのも兼ねて、一旦Eclipseのプロジェクトを削除します。

元のプロジェクトを削除
元のプロジェクトを削除

リモートリポジトリの複製

準備が整いましたののでリモートリポジトリの複製します。

Gitリポジトリを表示してGitリポジトリ―の複製をクリック

Gitリポジトリを表示してGitリポジトリ―の複製をクリックします。

Gitリポジトリを表示してGitリポジトリ―の複製をクリック
Gitリポジトリを表示してGitリポジトリ―の複製をクリック

URIの複製を選択

表示されたリポジトリ―・ソースの選択でURIの複製を選択して次へをクリックします。

URIの複製を選択
URIの複製を選択

リモートリポジトリのURIを入力

リモートリポジトリのURIを入力します。

リモートリポジトリのURIを入力
リモートリポジトリのURIを入力

ブランチを選択

ブランチを選択して次へをクリックします。

ブランチを選択
ブランチを選択

ローカルの宛先設定

ディレクトリーをEclipseのワークスペースのディレクトリ+作成するプロジェクト名に設定します。 また「クローン終了後、すべての既存Eclipseプロジェクトをインポート(I)」にチェックを入れて、完了をクリックします。

ローカルの宛先設定
ローカルの宛先設定

複製完了

Javaプロジェクトのパースペクティブを開くとリモートリポジトリから複製したリポジトリができてJavaプロジェクトとして表示されます。

複製完了
複製完了

5. リモートリポジトリへの変更の反映

ローカルリポジトリの変更をリモートリポジトリに反映(push)する方法について解説していきます。

コード修正して索引に追加

コード修正して索引に追加します。ここでは「System.out.println("Hello World!!");」を追加してみました。

コード修正して索引に追加
コード修正して索引に追加

コミットおよびプッシュ

プロジェクトを選択して右クリックして、チーム>コミットを選択して、コミット画面を表示して、メッセージを入力して、コミットおよびプッシュをクリックします。

コミットおよびプッシュ
コミットおよびプッシュ

これでリモートリポジトリへの変更の反映は完了です。

更新履歴

更新履歴になります。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /Fiddler /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JMeter /JUnit /Teraterm /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Jakarta EE(旧称J2EE、Java EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /FuelPHP /Lucene /MyBatis /Seasar2 /Spring /Struts /WordPress

Web API
Google Maps

ITインフラOSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
ActiveMQ /Tomcat /MariaDB /MySQL /Nagios /Redis /Solr

ITインフラサーバー
公開Webサーバー

ITインフラネットワーク
プログラミング /構築

ITインフラセキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

PC製品
ZOTAC

SI
ホームページの作り方

その他
IT用語 /ITスキル体系

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

3.238.180.255

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク