トップ 技術・仕様 JNI

JNI(Java Native Interface)

このページでは、JNI(Java Native Interface)に関連した技術情報を掲載しています。

JNIとは

JNI(Java Native Interface)は、JVM上で動作するJavaプログラムと、 CやC++などで書かれたネイティブコード(実際のCPU上で動作するプログラム)と連携するためのインタフェース仕様です。

前提知識

本コンテンツでは、C言語やJavaの知識がある程度必要です。

知識の補足のための参考

JNIの使い方

JNIの使い方です。簡単なサンプルでプログラムの作成から実行まで示します。 実行する際は、環境変数を指定する必要があります。

環境変数のPATHやLD_LIBRARY_PATH、あるいはシステムプロパティ(java.library.path)のいずれかの方法でDLLやsoファイルなどCの共有ライブラリのパスを指定して、 JNIで作成したプログラムを動かしますので覚えておいてください。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴 /翻訳英語の学習 /RSEUserGuide翻訳

スポンサーリンク