トップ 開発環境 JDK

▲記事トップへ

JavaのJDK―WindowsやOpenJDK Linux版のインストール、環境変数の設定など。

JavaのJDKをテーマにjreとの違いなどの基本知識、Windows版やOpenJDK Linux版のインストール方法や環境変数の設定例ついてまとめています。

目次

この記事の目次です。

1. JavaのJDKとは何か
2. Windows版のJDKのインストール
3. Windows版のJDKの環境変数の設定
4. Oracle OpenJDK Linux版のインストール
5. Oracle OpenJDK Linux版の環境変数の設定

更新履歴

1. JavaのJDKとは何か

JDKは、Java Development Kitの略でJava言語でプログラムを作成するために必要なコンパイラやデバッガ、 プログラムを実行するためのクラスライブラリや実行環境などのソフトウェアが含まれたソフトウェアのセットのことを言います。

JDKと似たようなJavaのソフトウェアにJREがあります。 JREは、Java Runtime Environmentの略でJava言語で作成されたプログラムを実行するための実行環境のことを言います。 JDKには、JRE(Javaの実行環境)が含まれています。

JDKとJREの違いは?

上述のようにJREは、Javaプログラムを動かすために必要なソフトウェアで、JDKにも含まれています。 JDKはその他にJavaプログラムを作成するためのソフトウェアが含まれます。

つまり、「JDK=JRE+Javaの開発ツール」、「JRE=Javaプログラムを実行するソフトウェア」ということです。

2. Windows版のJDKのインストール

Windows版のJDKのインストール方法について紹介しています。 ここでは"J2SE5.0(Java 2 Platform Standard Edition 5.0)"をWindowsにインストールするという設定で説明しています。

インストール概要

インストールの概要は以下になります。

STEP1-まずはソフトウェアのダウンロード

http://java.sun.com/j2se/1.5.0/ja/download.htmlから Windows Offline Installation, Multi-language jdk-1_5_0_10-windows-i586-p.exeのダウンロードを行います。

STEP2-javaのインストール

ダウンロードしたインストーラーをダブルクリックすると、インストーラが起動してインストールが始まるので、 画面に従いインストールを進めます。

STEP3-環境変数の設定

環境変数にJavaのPATHを追加します。 コマンドプロンプトに「javac」と入力して使用説明が表示するかを確かめます。

JDKのダウンロード

JDKのダウンロードサイトは以下です。

https://www.oracle.com/java/technologies/javase-downloads.html

JDKのインストール

Java SE Development Kit (JDK) のインストーラーの実行方法について紹介しています。

ダウンロードしたファイルをダブルクリックします。

インストーラが起動してインストールが始まるので、画面に従いインストールを進めます。

途中、使用許諾契約に関するウィンドウが出てきたら、「使用許諾契約に同意する」にチェックを入れて、「次へ」を選択してください。

インストーラーの通りに進めば
C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_10 ※該当バージョンにより異なる
にJavaがインストールされます。

3. Windows版のJDKの環境変数の設定

Windows版のJDKの環境変数の設定方法について紹介しています。

Javaがインストールても、環境変数の設定をしないとJavaが動きません!環境変数の設定にかかりましょう。

画面左下のスタートメニュー→コントロールパネル(クラシックモードで表示)→システムと選択します。

「詳細設定」タブの「環境変数」ボタンをクリックして、

環境変数(N)クリックし、ウィンドウを開きます。

ユーザー環境変数の「新規」ボタンをクリックして下さい。

※「ユーザー環境変数」にすでに「PATH」という環境変数が存在する場合は、「編集」ボタンをクリックしてください。

変数名・・・「PATH」
変数値・・・「C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_10\bin」

と入力してください。

※「ユーザー環境変数」にすでに「PATH」という環境変数が存在した場合は、
  変数名・・・「PATH」
  変数値・・・「(いままで設定されていた変数値);C:\Program Files\Java\jdk1.5.0_10\bin」
 と追記してください。

「OK」ボタンを押してダイアログを閉じます。

これで、環境変数の設定が完了です。確認は次のような操作を行ってください。

画面左下のスタートメニュー→すべてのプログラム→アクセサリ→コマンドプロンプトをクリックしてコマンドプロンプトを起動する。

「javac」と入力して、Enterをおします。

下のような画面が表示されたら成功です。

以上でJavaのインストールは完了です。

4. Oracle OpenJDK Linux版のインストール

JDK9以降のOracle OpenJDK Linux版のインストール方法についてです。

ダウンロード

Linux用のOpenJDKバイナリはjdk.java.netの各リリースページから入手できます。

インストール

アーカイブを解凍するだけでjavaやjavacコマンドが利用できます。

たとえば、JDK 14のアーカイブは以下のように解凍します。

$tar xvf openjdk-14*_bin.tar.gz

解凍するとコマンドが使用できます。

$./jdk-14*/bin/javac -version
javac 14.0.1

5. Oracle OpenJDK Linux版の環境変数の設定

アーカイブを解凍しただけだとjavacコマンドなどディレクトリまでのパスを記述して使用しないといけません。 環境変数を設定することでディレクトリまでのパスを省略して実行できるようになります。 またクラスパスの解決なども省略して行なえるようになります。

「~/jdk-14.0.1」に解凍されたJDKのパスを設定する例を見ていきます。 ユーザー毎に設定を有効にできるので「~/.bashrc」へ設定すると便利です。 以下は「~/.bashrc 」に環境変数を設定する例です。

# 以下を追記する。
export JAVA_HOME=~/jdk-14.0.1
export PATH=$JAVA_HOME/bin:$PATH
export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib:$JAVA_HOME/lib/tools.jar

環境変数を設定するとディレクトリまでのパスを入力しなくてもコマンドが実行できます。

$bash
$javac -version
javac 14.0.1

更新履歴

この記事の更新履歴です。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /WordPress

Web API
Google Maps

ITインフラOSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr

ITインフラサーバー
Web公開サーバー

ITインフラネットワーク
プログラミング /構築

ITインフラセキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

PC製品
ZOTAC

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

3.220.164.172

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク