トップ 言語 C・C++ C言語 標準ライブラリ ファイルに1行出力(fputs関数)

ファイルに1行出力(fputs関数)―C言語の標準ライブラリ

C言語の標準ライブラリのfputs関数を使用して、「ファイルに1行出力する」方法をまとめています。

fputs関数を使ったファイルに1行出力する

fputs関数を使用することでファイルに1行出力することができます。

fputs関数

fputs関数のプロトタイプ宣言は以下です。

int fputs(const char *s, FILE *stream);

ファイルポインタ(FILE *stream)に指定されたファイルに文字列(char *s)を書き込みます。 関数が成功すると整数を返し、失敗するとEOFで定義されるEOFの値が返されます。

サンプルコード(sample.c)

#include <stdio.h>

int main(void) {
    FILE *fp;
    fp = fopen("outputfile.txt", "w");

    if (fp == NULL) {
        printf("file open errer.\n");
        return 1;
    }

    fputs("Hello World!!\n", fp);
    fclose(fp);
    return 0;
}

サンプルソースのコンパイルと実行

Windows環境の例

Windows上にインストールしたbcc32(Borland C++コンパイラー)を使用して動作確認する例です。

コンパイル

bcc32コマンドの引数にソースファイルを指定して、実行します。

bcc32 sample.c

実行

コマンドラインから「sample」と入力して実行できます。 マウスでsample.exeをダブルクリックしても実行できます。

sample

実行

実行すると「outputfile.txt」というファイルができます。 ファイルの中には「Hello World!!」と出力されます。

notepad outputfile.txt
$ ls
outputfile.txt  sample  sample.c
$ cat outputfile.txt
Hello World!!

Linux環境の例

Linux上にインストールしたgccを使用して動作確認する例を示します。

$ gcc -o sample sample.c
$ ls
sample  sample.c

実行

$ ./sample

実行すると「outputfile.txt」というファイルができます。 ファイルの中には「Hello World!!」と出力されます。

$ ls
outputfile.txt  sample  sample.c
$ cat outputfile.txt
Hello World!!

もっとプログラミング知識を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク