トップ 言語 Java 例外処理、メモリ管理、主なコマンド javacコマンド

javacコマンド―使い方と使用可能なオプションなど

使い方と使用可能なオプションなど。javacコマンドについてまとめています。

javacコマンド

javacコマンドは、指定したjavaのソースプログラムをコンパイルして、 クラスファイルを作成するコマンドです。

コンパイル時にエラーが発生した場合は、コンパイラがそれを通知して、間違っているソースコードを表示します。

使用方法と使用可能なオプション

Javacコマンドには、コンパイラオプションが設定できます。 使用方法と使用可能なオプションは、リファレンスで確認できます。

コマンドプロンプトにjavacと入力すると以下のリファレンスが出力されます。 以下のような出力になり、たくさんのコンパイラオプションが指定できることが分かります。

使用方法: javac <options> <source files>
使用可能なオプションには次のものがあります。
  -g                         すべてのデバッグ情報を生成する
  -g:none                    デバッグ情報を生成しない
  -g:{lines,vars,source}     いくつかのデバッグ情報のみを生成する
  -nowarn                    警告を発生させない
  -verbose                   コンパイラの動作についてメッセージを出力する
  -deprecation               非推奨のAPIが使用されているソースの場所を出力する
  -classpath <path>          ユーザー・クラス・ファイルおよび注釈プロセッサを検索する位置を指定する
  -cp <path>                 ユーザー・クラス・ファイルおよび注釈プロセッサを検索する位置を指定する
  -sourcepath <path>         入力ソース・ファイルを検索する位置を指定する
  -bootclasspath <path>      ブートストラップ・クラス・パスの場所をオーバーライドする
  -extdirs <dirs>            インストール済拡張機能の場所をオーバーライドする
  -endorseddirs <dirs>       推奨規格パスの場所をオーバーライドする
  -proc:{none,only}          注釈処理やコンパイルを実行するかどうかを制御します。
  -processor <class1>[,<class2>,<class3>...] 実行する注釈プロセッサの名前。デフォルトの検出処理をバイパス
  -processorpath <path>      注釈プロセッサを検索する位置を指定する
  -d <directory>             生成されたクラス・ファイルを格納する位置を指定する
  -s <directory>             生成されたソース・ファイルを格納する場所を指定する
  -implicit:{none,class}     暗黙的に参照されるファイルについてクラス・ファイルを生成するかどうかを指定する
  -encoding <encoding>       ソース・ファイルが使用する文字エンコーディングを指定する
  -source <release>          指定されたリリースとソースの互換性を保つ
  -target <release>          特定のVMバージョン用のクラス・ファイルを生成する
  -version                   バージョン情報
  -help                      標準オプションの概要を出力する
  -Akey[=value]              注釈プロセッサに渡されるオプション
  -X                         非標準オプションの概要を出力する
  -J<flag>                   <flag>を実行システムに直接渡す
  -Werror                    警告が発生した場合にコンパイルを終了する
  @<filename>                ファイルからの読取りオプションおよびファイル名

使い方

ここでは、よく使うオプションを例にjavacコマンドの使い方の例を示していきます。

-classpathオプションと-cpオプション

-classpathオプションを指定すると、javacがクラスファイルを探すjarファイルやディレクトリのパスを指定するできます。 「;セミコロン」や「:コロン」で区切るといくつでも指定できます。

-classpathオプションの省略形式が-cpオプションになります。

Windows環境の場合の例

jarファイルやソースが置かれているディレクトリのパスを指定します。 「;」で区切るといくつでも指定できます。

以下はjavacコマンドを実行する場所にソースファイルとjarファイルがある場合のコンパイル例です。 「sample.jar」とカレントディレクトリを示す「.」を指定している例です。

javac -classpath sample.jar;. Sample.java

LinuxやUNIX環境の場合の例

LinuxやUNIX環境の場合、「;」ではなくて、「:」で区切ると複数指定できます。

javac -classpath sample.jar:. Sample.java

もっと知識を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴 /翻訳英語の学習 /RSEUserGuide翻訳

スポンサーリンク