トップ 言語 Java アクセス修飾子、スコープ、定数 スコープによるJavaの変数の分類

スコープによるJavaの変数の分類―static、インスタンス、ローカル変数など

static変数、インスタンス変数、ローカル変数など。JavaのスコープによるJavaの変数の分類についてまとめています。

Javaの変数のスコープとは

スコープとは、プログラム内での宣言位置によって決まる変数の使用出来る範囲のことを言います。 つまり、スコープは変数の生存期間のことをいいます。 変数はスコープを超えてアクセスすることはできません。

3種類の変数のスコープ

Javaのスコープを切り口にした変数の種類には、クラス変数、インスタンス変数、ローカル変数があります。 クラス変数は、static変数といわれます。

スコープから見た場合、Javaの変数は以下のカテゴリに分類できます。

もっと知識を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴 /翻訳英語の学習 /RSEUserGuide翻訳

スポンサーリンク