トップ 言語 Java 例外処理、メモリ管理、主なコマンド Javaのメモリ管理

Javaのメモリ管理―スタック領域とヒープ領域に保持される要素の分類など

スタック領域とヒープ領域に保持される要素の分類など。Javaのメモリ管理についてまとめています。

JavaはJVMとガベージコレクタがメモリを管理

C言語では、メモリ管理はプログラマが意識してコーディングを行いますが、 Javaでは、JVMとガベージコレクタがメモリを管理しています。

ユーザ自信はメモリ管理を意識しなくて済むようになっているわけですが、 メモリの保管場所などを知っておくことでオブジェクト生成方法などの理解役立つと思います。

スタック領域とヒープ領域

Javaプログラムのデータは、メモリ内でスタックヒープと 呼ばれる領域に格納されます。

以下は、一般的なスタック領域とヒープ領域の説明をまとめています。

Javaのスタックでの保持

以下のJavaプログラムの要素は、スタック領域に保持されます。

Javaのヒープでの保持

以下のJavaプログラムの要素は、ヒープ領域に保持されます。

もっと知識を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク