トップ 言語 Java クラスライブラリ アプレット

アプレット―JavaのAppletの作成方法、簡単なサンプル作成手順など

Appletの作成方法、簡単なサンプル作成手順など。Javaのアプレットについてまとめています。

Javaのアプレットとは

アプレットとは、Webブラウザなどの上で動くJavaプログラムです。 HTMLやJavaScriptでは実現が難しいような複雑な機能も提供することができます。

Javaのアプレットの仕組み

サーバーに用意してあるクラスファイルをクライアントがダウンロードして実行されて、利用される仕組みです。

  1. クライアントのブラウザからサーバーへ要求を送信します。
  2. サーバーからクライアントへAPPLETタグでアプレットが埋め込まれたHTMLを応答で送信します。
  3. クライアントは、応答のHTML内のAPPLETタグ内のクラスファイルをサーバーへ要求します。
  4. サーバーは、要求されたクラスファイルをクライアントへ送信します。
  5. クライアントはサーバーからダウンロードしたクラスファイルを実行します。

作成方法・作成手順

Javaのアプレット(Applt)の簡単なサンプルの作成方法と作成手順を紹介しています。

もっと知識を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴 /翻訳英語の学習 /RSEUserGuide翻訳

スポンサーリンク