トップ 開発環境 Eclipse PHP EclipseのPHP開発環境の利用方法

EclipseのPHP開発環境の利用方法―インストールから実行まで対応。

eclipse pleiades all in oneをインストールして使用する方法やPHPプラグインをインストールして使用する方法など、EclipseのPHP開発環境の利用方法についてまとめています。

▲記事トップへ

目次

この記事の目次です。

1. EclipseのPHP開発環境の利用方法
2. Pleiades All in One Eclipseをインストールして使用する方法
3. PHPプラグインをインストールして使用する方法

更新履歴

1. EclipseのPHP開発環境の利用方法

EclipseのPHP開発環境を利用するには主に以下の方法があります。

Pleiades All in One Eclipseをダウンロードして利用する方法は、必要なPHP実行環境やHTTPでリクエストを受け付けて応答を返すWebサーバが一緒に入っていて設定もされているので便利です。 特に特殊な事情がなければこれを利用するのが普通と思います。

一方でPHPプラグインをインストールして使用する方法は大昔からある方法です。 手動でプラグインをインストールして設定も行わないといけません。 昔はこのように設定していたんだという感じにとどめておいていいかもしれません。

2. Pleiades All in One Eclipseをインストールして使用する方法

Pleiades All in One Eclipseをインストールして使用する方法について見ていきます。

Pleiades All in One Eclipseのインストール

以下よりご利用の環境と一致するPleiades All in One Eclipseを落としてきます。

https://mergedoc.osdn.jp/

Pleiades All in One Eclipse公開サイト
Pleiades All in One Eclipse公開サイト

PHPやWebサーバが組み込まれているXAMPPはPHP7.4が組み込まれていますね。PHPのFull Editionをダウンロードします。

PHPのFull Editionをダウンロード
PHPのFull Editionをダウンロード

ダウンロードしてきたらZIPを解答すればインストール完了です。

Eclipseの起動

eclipse.exeをダブルクリックすることで起動できます。 たとえば、Fドライブ直下にダウンロードしてきたZIPを解答した場合は、
F:\pleiades-2021-09-php-win-64bit-jre_20210919\pleiades\eclipse\eclipse.exe
です。

Fドライブ直下にダウンロードしてきたZIPを解答した場合
Fドライブ直下にダウンロードしてきたZIPを解答した場合

起動したら表示されるEclipseプラットフォームランチャーは特に変更せずに起動をクリックします。

Eclipseプラットフォームランチャー
Eclipseプラットフォームランチャー

起動したらデフォルトでこのような画面が表示されます。

Eclipse起動後の画面
Eclipse起動後の画面

PHPプロジェクト作成

PHPプロジェクトを作成します。左部分を右クリックして表示されるメニューの新規>プロジェクトを選択します。

新規>プロジェクトを選択
新規>プロジェクトを選択

PHPプロジェクトを選択して次へをクリックします。

PHPプロジェクトを選択して次へをクリック
PHPプロジェクトを選択して次へをクリック

プロジェクト名を入力して完了をクリックします。

プロジェクト名を入力して完了をクリック
プロジェクト名を入力して完了をクリック

PHPコードの作成

サンプルコードを作成していきます。

左のプロジェクト名を選択して右クリックで表示されるメニューの新規>PHPファイルを選択します。

プロジェクト名を入力して完了をクリック
プロジェクト名を入力して完了をクリック

ファイル名を入力して完了をクリックします。

ファイル名を入力して完了をクリック
ファイル名を入力して完了をクリック

「phpinfo();」を追記します。今回はこれで完成です。

「phpinfo();」を追記
「phpinfo();」を追記

XAMPPを起動

XAMPPを起動します。xampp_start.exeをダブルクリックすることで起動できます。 たとえば、Fドライブ直下にダウンロードしてきたZIPを解答した場合は、
F:\pleiades-2021-09-php-win-64bit-jre_20210919\pleiades\xampp\xampp_start.exe
です。

Windows Firewallのダイアログが表示されたら許可を選択しないと利用できません。 利用する場合は許可します。

ブラウザで表示して実行確認

ブラウザで「http://localhost/<プロジェクト名>/<PHPファイル名>」のURLでアクセスするとPHPが実行されてレスポンスの内容が表示されます。

たとえば、プロジェクト名が「sample」でPHPファイルが「newfile.php」の場合はURLは
http://localhost/sample/newfile.php
になります。

ブラウザで表示して実行確認
ブラウザで表示して実行確認

phpinfoページが表示されればOKです。

XAMPPの停止

作業終了後にEclipseを閉じるだけでは全部停止しません。 XAMPPはxampp_stop.exeをクリックして停止させる必要があります。

3. PHPプラグインをインストールして使用する方法

EclispseでPHPプラグインをインストールして使用する方法です。

PHP IDEについて

Eclipseでは、Java以外の言語の利用も盛んです。 ここでは、最近のWeb開発で非常に重要な地位を占めるに至った「PHP」を取り上げてみます。

PHPは非常に簡単に高度なWebアプリケーションが構築できるサーバーサイド・スクリプト言語として、Java以上に注目されているといわれております。 Eclipse FoundationもPHPには注目しており、自らPHP用のEclipse環境の開発を行っております。 それが、「PHP IDE」です。

PHP IDEのダウンロード

ここからは、現時点(2007年3月5日)の記述になりますことをご了承願います。

早速、このPHP用のプラグインを入手し設定してみましょう。 まず、PHP IDEは、以下のURLにて公開されています。

http://www.eclipse.org/pdt/index.php

このURLに行くと次のページが表示されます。

はじめに表示されるページ

そのページを見ていくとWhat's Newがあるので最新版がありそうなところをクリックします。

最新版をチェック

ここでは、「0.7 RC2」をクリックしてみると、次のようなページが表示されます。

「0.7 RC2」をクリック

「0.7 RC2」は、単独のプラグインとしても配布されているようです。 ここでは、これも組み込み済みの「All-in one」パッケージがあるので、これをダウンロードすることにします。 ページの下の方に「All-in one」の項目があるので、使用しているOS用を選んでダウンロードします。

「All-in one」パッケージのダウンロード

PHP IDEのインストール

インストールは、「features」、「plugins」フォルダの中身を、 以前インストールし設定済みのEclipseフォルダー内の「features」、 「plugins」フォルダに貼り付けて完了です。

※「All-in one」は、これだけで使えるようなので、もしはじめてEclipseを導入する方はダウンロードした「Eclipse」フォルダを Cドライブに貼り付けて「eclipse.exe」で起動できると思います。

PHP IDEのインストール

Eclipseを起動して、<ファイル>→<新規>→<プロジェクト>とメニューを選んで、 「PHP Prject」があればインストール出来たかわかります。

PHP Projectの作成

まず、Eclipseを起動したら、<ファイル><新規><PHP Project>メニューを選びます。 もしサブメニューが表示されない場合は、<その他>メニューを選び、「PHP」項目内の「PHP Project」を選んでください。

ここでは、プロジェクト名のみ設定して「終了」をクリックします。

<PHP Project>メニュー

次に、<ファイル><新規><PHP file>メニューを選びます。 今回は、index.phpというファイル名を設定することにします。 ここでは、ファイル名のみ設定して「終了」をクリックします。

<PHP file>メニュー

プロジェクト実行とサーバーの設定

PHPのスクリプトは、そのままインタープリタを実行させることもありますし、 Webサーバーにアクセスした際にサーバー内で処理させることもあります。 これらの処理を行わせるには、まずPHPのインタープリタやWebサーバーに関する設定を 行わなければなりません。 <ウィンドウ><設定>メニューを選び、設定ウィンドウの「PHP」項目を展開し、 そこでPHP関連の設定を行います。

まず、「PHP Executables」をクリックして、インタープリタの設定をします。 ここでは、少し時間がかかりますが、「Search」ボタンを使ってハードディスク内にあるPHPを すべて登録させて見ます。

「PHP Executables」の設定

そうしたら、そのPHPのテーブルにある「Name」をメモして、「Path Variables」をクリックして、 メモした「Name」とそのパスを設定します。 当サイトのPHPの設定と同じであれば、「C:/php」になります。

「Path Variables」の設定

次に、「PHP Server」のところに移って、もし「Publish」のところが「No」になっていたら 「Name」をダブルクリックして「Publish Project This Server」をチェックします。

「Yes」の場合

「No」の場合

4. ソースの作成

ここまで、来たらエディタで次のようなコード記述します。

コードの記述

実行確認

そうしたら<Run><実行および構成>メニューを選択して、 これを設定して「実行」をクリックすると実行されます。

実行の操作

また、地球のマークをクリックして出てきたブラウザに直接アドレスを打ち込んでも実行できます。

実行結果

更新履歴

更新履歴になります。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Burp /Eclipse /Fiddler /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JMeter /JUnit /Teraterm /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Jakarta EE(旧称J2EE、Java EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /FuelPHP /Lucene /MyBatis /Seasar2 /Spring /Struts /WordPress

Web API
Google Maps

ITインフラOSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
ActiveMQ /Tomcat /MariaDB /MySQL /Nagios /Redis /Solr

ITインフラサーバー
公開Webサーバー

ITインフラネットワーク
プログラミング /構築

ITインフラセキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

PC製品
ZOTAC

SI
ホームページの作り方

その他
IT用語 /ITスキル体系

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

44.192.48.196

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク