トップ その他 IT用語 CPI

CPI(Clocks Per Instruction または Clocks cycles Per Instruction)

CPI(Clocks Per Instruction または Clocks cycles Per Instruction)について解説しています。

CPI(Clocks Per Instruction または Clocks cycles Per Instruction)とは

CPIは、命令コードの実行パフォーマンスを把握するための指標でCPUが処理する命令の1命令あたりの平均クロック数を表します。

説明

CPI(Clocks Per Instruction または Clocks cycles Per Instruction)とは、 CPUが処理する命令の1命令あたりの平均クロック数を表す指標(統計情報)です。

CPIは、アルゴリズムの全体的なパフォーマンス特性を把握するためによく使われる指標です。 一定期間の命令コードの実行で CPU が 1 命令の実行に要する平均クロック サイクルを示します。

たとえば、平均で1クロックに1命令実行する場合は、1CPI(CPI=1)になります。 平均で1命令に2クロック使われている場合は、2CPI(CPI=2)になります。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

3.93.74.227

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク