トップ その他 IT用語 ER図

ER図とは―データベース設計役立つ表記法。エンティティやリレーションなどの用語解説。

ER図は、 データベース設計を行うときなどに広く用いられています。エンティティやリレーションなどER図の用語などER図についてまとめています。

目次

このページの目次です。

1. ER図とは
2. ER図の英語の意味
3. エンティティとは
4. リレーションとは
5. ER図の用途
6. ER図の作成ツール

更新履歴

1. ER図とは

ER図とは、実体関連図と訳される用語で、業務上の管理対象(たとえば、顧客、商品、部品、サービス、人など)を実体とし、その実体と関係をモデル化するために用いられる図です。

以下はER図のイメージです。

ER図のイメージ

イメージにも記載しているように、E-R図は、エンティティ(実体)、リレーションシップ(関係)という2つの概念を用いてデータをモデル化する図です。 なお、エンティティの枠の中の属性情報のことをアトリビュート、リレーションの線のコネクタ部分をカーディナリティ呼びます。

2. ER図の英語の意味

ER図は、英語でEntity Relationship Diagramです。Diagramは図を意味し、Entity RelationshipをERと略しています。

英語のEntityは実体と訳され、Relationshipは関係です。 Relationshipは分かるのですが、Entityの実体はわかりにくい言葉ですね。

3. エンティティとは

エンティティは、一言でいうとデータのまとまりです。

エンティティ(Entity)の意味は英語で「something that exists as a single and complete unit」と説明されます。 英語の説明の和訳は「一つの完全な単位として存在するもの」です。

このようにEntityは一般的に組織や団体など物質的な実体に限らず実存する概念のことを指します。 コンピュータでは、参照や関連付けを受けるデータや意味のまとまりを指します。

4. リレーションとは

リレーションは、エンティティ同士の関係を表す線です。

コネクタ部分の記号(カーディナリティ)によって、「1対1」「1対多」「多対多」であることや「0以上」や「0または1」といったリレーションを表現します。

5. ER図の用途

ER図を用いると、蓄積される情報の関連性が視覚的に示され、最適な情報の蓄積構造を検討することが出来ます。

データベース設計でよく用いられる

またE-R図はデータベース設計を行うときなどに広く用いられています。 個々のDBMS(データベース管理システム)などの物理的な特性を離れて、 本来のデータ間の関連を簡潔な図表で示せることから、データベース設計の基礎になります。

6. ER図の作成ツール

ER図の作成ツールについて見ていきます。

MySQL WorkBench

MySQL Workbench は、データベースアーキテクト、開発者、DBA のための統合ビジュアルツールです。 データ・モデリング、SQL 開発、およびサーバー設定、ユーザー管理、バックアップなどの包括的な管理ツールで、Windows、Linux、Mac OS X で利用可能です。 このツールにER図作成機能があります。

更新履歴

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /WordPress

Web API
Google Maps

ITインフラOSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr

ITインフラサーバー
Web公開サーバー

ITインフラネットワーク
プログラミング /構築

ITインフラセキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

PC製品
ZOTAC

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

3.236.8.46

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク