トップ その他 IT用語 Jvm

Jvm

Jvmについてまとめています。

JVMとは

JVM(Java Virtual Machine)とは、Javaバイトコードを そのプラットフォームのネイティブコードに変換して実行するソフトウェアです。

JVMの役割

Java言語で開発されたソフトウェアは、 配布時にはプラットフォームから独立した独自の形式(Javaバイトコード)になっており、 これを実行するプラットフォーム固有の形式(ネイティブコード)に変換するソフトウェアを用意して、 変換しながら実行します。この変換と実行を行なうのがJVMです。

つまり、JVMをインストールすれば、 OSの違いを吸収してクラスファイルを実行してくれるので、 プラットフォームに依存しない、 いわゆるマルチプラットフォームを実現できるということです。

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Eclipse /gcc /gdb /Git /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
bootstrap /jQuery /Lucene /MyBatis /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク

関連サイト内検索ツール

zealseedsおよび関連サイト内のページが検索できます。

IPアドレス確認ツール

あなたのグローバルIPアドレスは以下です。

34.231.21.123

HTMLの表示色確認ツール

パスワード生成ツール

文字数のプルダウンを選択して、取得ボタンを押すと「a~z、A~Z、0~9」の文字を ランダムに組み合わせた文字列が表示されます。

ここに生成されます。

スポンサーリンク