トップ その他 ITスキル体系 ハードウェアとは メモリ ECCメモリとは

ECCメモリとは―誤り訂正符号も含めて解説

ハミング符号やCRCなど誤り訂正符号も含めて解説。ECCメモリとはどのようなものかについてまとめています。

ECCメモリとは

ECCメモリは、Error Check and Correct memoryの略で、エラー訂正機能に対応したメモリです。

ECC(誤り訂正符号)を使用して、メモリに誤った値が記録されていることを検出し、正しい値に訂正することが出来るメモリです。 高い信頼性を必要とするサーバーなどに多く採用されています。

ECC(誤り訂正符号)

ECC(誤り訂正符号)は、データのエラーを自動的に訂正できるように付加した冗長符号です。 主記憶(ECCメモリ)やハードディスク(RAID2)などで使われています。

誤り制御の方式

誤り制御の方式として、ハミング符号とCRCについてまとめています。

ハミング符号

ハミング符号は、情報に冗長ビットを付加する誤り検出訂正方式の1つです。 2ビットの誤りを検出し、1ビットの誤りを訂正することが出来ます。

CRC

CRC(周期冗長検査:cyclic redundancy check)は、一定の生成多項式による除算の余りを検査用の冗長ビットとする方法です。

CRCは、多項式で割った余りをデータ伝送の最後に付加します。 受信側も伝送データを多項式で割り、余りが0となるかどうかでエラーの判定を行います。 検出能力はハミングコードよりも優れています。

CRCは、以下の誤りの検出に有効です。

知識の幅を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴 /翻訳英語の学習 /RSEUserGuide翻訳

スポンサーリンク