トップ その他 ITスキル体系 ハードウェアとは メモリ キャッシュメモリ

キャッシュメモリ―歴史や方式など

キャッシュメモリの歴史や方式など。キャッシュメモリについてまとめています。

キャッシュメモリとは

キャッシュメモリは、中央処理装置と主記憶装置の間に置かれ、速度差を補うために利用されます。

歴史

キャッシュメモリの歴史です。

歴史の概略

キャッシュメモリの歴史の概略です。

近年の高速化の歴史

近年のキャッシュメモリの高速化の歴史です。

方式

キャッシュメモリの方式には、ライトスルー方式、ライトバック方式があります。 キャッシュメモリの方式についてまとめています。

ライトスルー

書き込み命令が実行されたときに、キャッシュメモリと主記憶の両方を書き換える方式をライトスルー方式といいます。

この方式は、主記憶への書き込みが完了するまで待つため、処理速度が低下する欠点があります。

ライトバック

キャッシュメモリだけを書き換えておき、主記憶の書き換えはキャッシュから該当データが追い出されたときに行う方式をライトバック方式といいます。

知識の幅を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク