トップ 言語 Java 基本知識 プログラムの記述と実行方法

プログラムの記述と実行方法―Javaプログラム作成から実行まで

Javaプログラム作成から実行まで。プログラムの記述と実行方法についてまとめています。

Javaのプログラムについての説明

プログラムを書く場合は、一般的にC、C++などの高級プログラミング言語を使用し、比較的人間が読み易い形式でプログラムを記述します。

このプログラムをコンパイラと呼ばれるプログラムを利用して、コンピュータが理解し、実行できる実行コード(01で記述されたバイナリ形式)に変換します。 ここで変換して生成された実行コードは、OSに依存したコードであるため、たとえばWindows上で生成した実行コードをUNIXへコピーしても実行することが出来ません。

ところが、Javaの場合、プログラムの記述から実行の過程は上記の高級プログラミング言語とほとんど同じですが、 JVM(Java仮想マシン)によって、どのOS上でも同じ実行コードを実行することができます。

Javaのプログラムの作成から実行までを試してみる

ここでは、Javaプログラムを記述し、実行するまでの一連の流れを実際に試しながら学習したいと思います。 とりあえず、どのOSでも実行可能とかJVMとかは後で理解するものとして試してみる内容となっています。

Javaプログラムの作成から実行まで手順

もっと知識を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク