トップ 言語 Java 変数、リテラル、データ型 Javaの参照型の変数

Javaの参照型の変数―クラスオブジェクト、new演算子、インスタンス化を解説

Javaの参照型の変数についてまとめています。クラスオブジェクトの作成、new演算子でクラスをインスタンス化する、といった内容を解説しています。

Javaの参照型変数

インスタンス化については後で説明しますが、 Javaのクラスオブジェクトは、クラスをインスタンス化することによって作成されます。 クラスオブジェクトは、インスタンスともよび、new演算子で作成します。

クラスオブジェクト(インスタンス)を参照するには、参照変数を使用します。 参照変数は、基本データ型変数を宣言するのと同じように宣言します。

基本方じゃなくて参照型の変数の宣言

Javaの変数には基本型と参照型があります。参照型の場合、newというキーワードを使って作成します。

参照型 ref = new 参照型();

Javaのクラスとそのインスタンス(クラスオブジェクト)

ちょっとわかりにくいインスタンス化についての説明です。

Javaでは、オブジェクト指向というモノを表現してコーディングできるようになっています。

オブジェクト指向では、クラスというモノを表現したコードのテンプレートを用意して、 クラスのコードを使うときは、テンプレートからメモリに別途作成したインスタンスというクラスのオブジェクト、クラスオブジェクトをつくって使います。

つまり、インスタンス化とは、クラスのテンプレートからメモリに別途作成されるインスタンスを生成することをいいます。 インスタンスを生成するにはnew演算子を使います。 インスタンス化するは「newする」する必要があるということです。

もっと知識を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴 /翻訳英語の学習 /RSEUserGuide翻訳

スポンサーリンク