トップ 言語 Java クラスライブラリ Swingとは

JavaのSwingとは―GUI作成のための標準ライブラリ。同じソースで各種OSで動作

GUI作成のための標準ライブラリ。同じソースで各種OSで動作する。JavaのSwingとは何かについてまとめています。

JavaのSwingとは

Swingとは、ウィンドウをもつプログラムに必要な機能をまとめたJava標準のライブラリです。 Javaでリッチなクライアント、GUIアプリケーションを作成するためのJava標準のライブラリです。

SwingとAWT

JavaではSwingの他に、GUIアプリケーションを作成するためのライブラリとして、AWTと呼ばれるライブラリも提供されています。 SwingはJavaのGUI部品郡の1つで、AWTの上部に作成されたパッケージで、AWTを拡張した機能を持っています。

AWTは実行中のコンピュータに依存するウィンドウとなることが特徴です。 Swingは上記のように実行中のコンピュータに依存しません。

Swingの特徴

Swingの特徴は、何といっても同じソースコードで各種OSで動かせる点です。

リファレンスには「すべてのプラットフォームで可能なかぎり同じように機能する、「軽量」(Java 共通言語) コンポーネントのセットを提供します。」と書かれています。 すべてがJavaで記述されていて、同じソースコードで表示などすべてのOSで統一することが出来ます。

それ以外の特徴も含め、以下にSwingの特徴をまとめてみます。

  1. JavaでGUIプログラムが作成できる

    Swingを使うと、Javaでボタンやアイコン、メニューなどを取り入れたグラフィカルなプログラムを作成できるようになります。

  2. Windows、Mac、Linuxなど各種OSのGUIプログラムが同じコードで記述できる

    Swingは、Javaなので、Windows、Mac、Linuxなど各種OSのGUIプログラムが同じコードで記述できます。 すべてJavaで書かれており、完全なクロスプラットフォームです。

  3. きめ細かい設定やカスタマイズが行える

    既存のAWTコンポーネントの完全Java版であるボタン、リストなどと高レベルで完全Javaコンポーネントであるツリービュー、テーブルビューなどから構成されています。 きめ細かい設定やカスタマイズが可能です。

  4. デザイン面を気にしなくてもそこそこのデザインになる

    Swingコンポーネントを使用すると、動作だけでなく、表示もすべてのOSで統一することが出来、Metalと呼ばれるルックアンドフィールが標準となっています。

  5. オブジェクト指向の実装でライブラリ化して部品が再利用できる。

    Java Beansアーキテクチャに対応しており、高度なGUIコンポーネントをそのままソフトウェア部品として再利用できます。

もっと知識を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴 /翻訳英語の学習 /RSEUserGuide翻訳

スポンサーリンク