トップ 言語 Java クラス、メソッド、インターフェース Javaのメソッドとは

Javaのメソッドとは―クラスメソッド、staticメソッドの説明もあり

Javaのメソッドとは何かについてまとめています。クラスメソッド、staticメソッドの説明、mainメソッドやコンストラクタについてもまとめています。

Javaのメソッドとは

メソッドとは、あるロジックを使用してデータ処理を実行する自己完結型のコードブロックです。

プログラミング言語の多くには、プログラム内に名前付きのサブプログラムを作成する機能を備えています。 C言語などでは、このサブプログラムはサブルーチンまたは関数と呼ばれています。 Javaのようなオブジェクト指向言語では、メソッドと呼ばれています。

Javaのメソッドの宣言方法

Javaのメソッドは次の要素からなります。

<修飾子> <戻り値の型> <メソッド名> (<引数>) {
    // メソッドの処理内容をここに記述する。
}

上記のような体裁でメソッドを宣言します。 メソッド宣言の中で、メソッド名と戻り値の型は必須です。 メソッド宣言の中で修飾子を指定する必要がない場合であっても、修飾子が宣言されていなければ、 デフォルトの修飾子がメソッドに割り当てられます。

クラスメソッドまたはstaticメソッド

Javaには、mainメソッドのようにインスタンス化しないでクラスに対して静的(static)に存在するメソッドがあります。 このクラスに対して静的なメソッドのことをクラスメソッド、またはstaticメソッドといいます。

インスタンス化して利用するメソッドは、各インスタンスに保持されます。 一方、クラスメソッド(staticメソッド)は、各インスタンスに保持されるのではなく、別の箇所にまとめられて用意されます。

メソッドの呼出

Javaのメソッドの呼び出しは、「.(ドット)」を使用して呼び出します。

インスタンスメソッドの呼出

インスタンスのメソッドを呼び出す場合は、以下のようにインスタンスを格納した変数に「.(ドット)」を使用して呼び出します。

<インスタンス格納変数>+「.(ドット)」+<メソッド>

クラスメソッド(staticメソッド)の呼出

クラスメソッド(staticメソッド)を呼び出す場合は、以下のようにクラス名に「.(ドット)」を使用して呼び出します。

<クラス名>+「.(ドット)」+<メソッド>

インスタンスメソッドとクラスメソッド(staticメソッド)のクラス内でのアクセス

クラス内に定義したメソッド間のアクセスには、次のようなルールがあります。

mainメソッド、コンストラクタ、命名規則

mainメソッド、コンストラクタ、命名規則などその他のメソッド関連の情報をまとめています。

もっと知識を広げるための参考

戻る

スポンサーリンク

サイト内のページ

言語
C・C++ /HTML /Java /JavaScript /PHP /シェルスクリプト

開発環境
Ant /Bcc /Eclipse /gcc /gdb /g++ /JDK /JUnit /ZAP

技術・仕様
Ajax /CORBA /Java EE(旧称J2EE) /JNI

ライブラリ/Framework/CMS
jQuery /Lucene /MyBatis /RESTEasy /Spring /Struts /Seasar2 /WordPress

ITインフラ OSとミドルウェア
Linux /Windows /シェル
Apache/Tomcat /MySQL /Redis /Solr /vsftpd

ITインフラ PC 製品
ZOTAC

ITインフラ サーバー
Web公開サーバー構築

ITインフラ ネットワーク
プログラミング /機器 /構築

ITインフラ セキュリティ
公開サーバーのセキュリティ

SI
ホームページの作り方 /小さな会社のISMS

その他
IT用語 /ITスキル体系 /トレンド履歴

スポンサーリンク